2リッターモデルへの拘り

新しい相棒は型式でいうとAP1で、排気量が2リッターのS2000。だから当然チューコ。現行は2.2リッターだからね。

2リッターと2.2リッターの隔たりは、F20CからF22Cに変わっただけとは言えないほど大きい。
まず許容回転数。2リッターのF20Cが9000rpmまで回るのに対し、2.2リッターのF22Cは8000rpmまで。一千回転も違うと扱い方から違うわけで、もう同じエンジンではないような気が。。。

F22Cが回転数を落としたのは、排気量が上がったからというだけではなくて、トルクで速く走らせようという意図があったからに他ならない。
9000rpmまで回して速さを稼ごうとするF20Cとは、考え方からして根本的に違う。

もともとEK9で、とにかくエンジンを回しまくって走るという魅力に取り憑かれているので、共感できるのはF20Cのコンセプトだった。

F20CとF22C、どちらも優れたエンジンには違いなく、おそらくどっちも速いのだろう。
でもそもそもの思想として、やはり超高回転型であり狂気的に回る(であろう)エンジン 、F20CこそがS2000というスポーツカーに最も相応しいと思うのだ。

 

現行か旧型か

S2000というクルマは一世代のみしか販売されていないけど、マイチェンは現在のところ大きく3回行われていて、去年の3回目のマイチェンで排気量が変わったのが最も大きな変化だ。
今、新車でS2000を買おうとすると、2.2リッターモデルしか選べない。

昨年の段階で、S2000がビックマイナーを迎えるという情報は各紙で取沙汰されていたので楽しみにしていたのだが、S2000のアイデンティティだった部分のコンセプトまでもが変わってしまったことにはかなり動揺した。そこまでの変化は想定していなかったからだ。

次乗るクルマはほぼS2000に決まりかけていたため、マイチェン前の2リッターと2.2リッターのどっちがいいのか!?という情報を、各メディアから集めまくった。
その内容をくどくど書き出すと終わらないのでやめとくけど、結局は2.2リッターで劇的に速くなったとかそういう進歩はなく、実用に適しているというのが大きな利点、というのが総論だったと思う。

しかし、ここで決定的だったのは、実用の為に許容回転数を落としたという点。
自分の場合、クルマは趣味なので、街中の実用性云々より走ることの気持ち良さの方がずっと大事なのだ。

おまけにEK9時代からの高回転中毒である。
EK9が8400rpmだったのに、エスで8000rpmだったら、トータルで優れていようが性能ダウンに見えてしまう。これは致命的だった。

 

もうひとつの要素、DBW

昨年のマイチェンでの大きな変更点で、排気量ともうひとつ、DBW(ドライブバイワイヤ)の採用がある。
DBW=電子スロットル制御のことで、アクセルの動きが直接ワイヤーで繋がっているのではなく、アクセル操作を電気信号としてエンジンに送る機構だけど、これがどうも好きになれない。

DBWが付いたクルマを運転したことはないので細かくは言いたくないが、一応。。
要はドライバーのテクニックのひとつであるアクセルの微妙な操作を、電気に置き換えられてしまうわけだ。アクセルの開度を誰かがプログラムしたDBWによって味付けされてエンジンに命令されてしまう。これでは自分がクルマのエンジンを操っている感覚が希薄になってしまう気がしない?

まぁ点火時期とかがコンピューター制御されてる時点でそんなこと今更一緒だよと言われてしまえばそれまでだけど、やっぱり最後の砦として、アクセルは機械的にスロットルに繋がっていてほしい。
微妙な操作を研ぎ澄ますのが、ドライビングの醍醐味でもあるわけだから。

ってわけで、この点でもDBWではない2リッターモデルが優位に立つことになる(自分の中では)

 

S2000=2000cc

ここまでの整理に至るまで結構時間かかったけど、結果的には2リッターに乗るべきなんだという結論だった。
評論家の云々を聞くより、自分が求めるクルマのキャラクターと扱うメインステージを考えれば、必然的な選択だった。

となれば、2.2リッターモデルしかラインナップされていない現在、2リッターを手に入れるなら中古を探すしかない。今後再ラインナップされるとは考えにくいし。。

もともと数の出ないクルマだけに、中古で理想の仕様が手に入る保証はない。
市場の様子を見て、じっくりと検討を重ね、遂に手に入れるに至った2リッターモデルなのだ。

そうそうもうひとつ、なぜ04モデルか?
これにもそれなりにワケがある。

それは「鈴鹿製AP1-2000」のページで語ろう。ここばっかり長くなるから


戻る

 

R style since 2002. Copyright 1059. All Rights Reserved.