「素」の状態からスタートするということ

EK9の時もそうだったけど、フルノーマルであるというのも購入の条件だった。チューコで買う際は基本的にノーマルがいいと思っている。

ホンダというメーカーが自信を持って発売したスポーツモデルだし、メーカーの思想やバランスを感じ取ってまずは走りたいと思ってるからだ。だからチューコと言えど、乗り出しはできるだけ人の手が入っていない状態がいい。

このS2000も、当然ながらフルノーマルである。社外品は何一つ付いていない。タイヤさえも新車装着のRE050のままである。
この「素」の状態で、まずはS2000というクルマの思想と骨格を感じ取りながら走りたいと思う。そこから足りないところに徐々に手を入れていこうと考えている。

EK9も確かに出だしはほぼフルノーマルだったが、事故車でジオメトリーとかのバランスも狂っていたので、「素」の状態だったかどうかはかなり怪しかった。
でもそれがそのクルマの固有の性格だと受け入れて、足りないところを補う形でいろいろ手を加えていった。

アプローチの仕方はそれと大きく変わらない。
ただ、EK9の時との大きな違いは、既にEK9で運転が楽しくかつ気持ち良いと感じられるベースラインが何となく理解できているというところで、より無駄のない手の加え方ができそうだ。

 

純正オプション

フルノーマルではあるけど、プラスαとして純正オプションが2つ付いている。

ひとつはモデューロのフロントリップスポイラー。モデューロとはホンダ純正オプションのエアロブランド名のひとつで、平たく言えば純正エアロのことである。
これがフロントの表情を引き締めていて、結構お気に入りだ。

もうひとつは本革シート。赤黒ツートンの本革内装が追加されている。
オープンカーの内装はエクステリアの一部でもあるから、本革は歓迎すべき部分なのだが、シートのホールド性としてはかなり不満が残ってしまう。
黒のボディカラーに赤黒のツートン内装は、コーディネートとしては抜群にカッコいいんだけどね(なんだかEG4思い出しちゃう)

2つともクルマの「素」の状態を感じることに対する弊害にはならないものなので、こういうのは付いててもらっても別に構わない。むしろこの2点に関しては、S2000をさらにカッコ良くしてくれているので、むしろ満足感を高めてくれている。

 

クルマとの一体感を目指して

S2000というクルマの素性を楽しみながら、足りないところを補う形で手を加えていくことになる。
コンセプトは副題にもあるように、今んとこ neo winding special なので、それを見失わないようにバランス良く仕上げていきたい。(ちなみにEK9のコンセプトは「快速ワインディング仕様」だった。S2000のも意味合いは変わりません(笑))

既にここは何とかしたいなぁと思うところはあって、これもEK9という指標があるからこそ。
徐々に変化を楽しみながらやっていこうと思う。

同時にドライビングスキルの向上も忘れずに。
とにかくS2000という素材をじっくり味わいながら進んでいこう。

 

戻る

 

R style since 2002. Copyright 1059. All Rights Reserved.