■福岡県
英彦山温泉 しゃくなげ荘
★★
福岡県添田町
温泉付宿泊施設
福岡県南部、英彦山の山間を走る国道500号沿いにある温泉施設。露天風呂から眺める英彦山の勇姿がなかなか。(2006/05)
源じいの森温泉
★★
福岡県赤村
日帰り入浴施設
赤村のレクリエーション施設「源じいの森」にある日帰り入浴施設。温泉自体は大したことなく循環バリバリだが、肌触りの良い十和田石の浴槽や低いつい立て洗い場といった浴場の設えがグッド。(写真は源じいの森キャンプ場)(2008/09)

 

■佐賀県
未訪問。。。

 

■長崎県
小浜温泉 脇浜共同浴場
★★★★
長崎県小浜町
共同湯
小浜温泉のはずれにある共同浴場。賑やかな所からは随分離れた静かな環境にある。
外見内装とも正直ボロい。しかしそれも情緒。脱衣棚などは涙ものだ。浴室はコンクリートに囲まれた素っ気ないものだが、浴槽の底の2色のタイルがお洒落。掛け流しの温泉は紛れもない本物。塩味が美味しい。(2004/05)
雲仙温泉 小地獄温泉館
★★★★
長崎県小浜町
日帰り温泉施設
雲仙温泉街から少し離れた場所にある入浴施設。と言ってもちょっと立派な共同湯といった感じ。白濁した単純硫黄泉は新鮮で満足度が高い。これぞ硫黄泉!というような温泉らしい温泉で、誰が訪れても楽しめるだろう。外見からもわかる通り、八角形の浴室がユニークで印象的。(2004/05)
富江温泉 富江温泉センター
長崎県富江町
スポーツ施設のお風呂
福江島の南部、富江町の地域スポーツセンターのお風呂。キャンプ場に近いので利用しました。(2006/05)
上対馬温泉 渚の湯
長崎県対馬市
韓国に最も近い温泉

対馬の北端、比田勝の街の北にある入浴施設。海沿いの丘の上にあるため眺めが良い。
施設自体はスポーツジムの浴室のようで雰囲気はない。土地柄、韓国語の表記が溢れている。(2008/09)

 

■大分県
長湯温泉 ラムネ温泉(大丸旅館)
★★★★★
大分県直入町
温泉宿の外湯
長湯温泉は日本一の炭酸泉として脚光を浴びているが、その中でも炭酸の量が群を抜いている温泉がここ。旅館の温泉だが、外湯になっていて共同湯的な感覚で入れる。湯に浸かってじっとしていると大量の気泡が体に付着する。湯温は31℃しかなくて大変ぬるいが、炭酸のおかげでじんわり体の芯から温まってくる。日本一の名に違わぬ素晴らしい泉質。 (2004/05)
長湯温泉 ガニ湯
★★★★★
大分県直入町
露天風呂

河原にぽつんとある石組みの無料露天風呂。黄色に濁った炭酸泉がぼこぼこ注ぎ込まれる。目の前の旅館、背後の道路から丸見えで度胸はいるが、入浴感は最高に気持ちいい。この手の温泉としては泉質が抜群で、しかもこのロケーションながら意外と落ち着くのが気に入った。無料露天の中では一番好きな温泉。(2004/05)

筌ノ口温泉 新清館
★★★★
大分県九重町
温泉宿
九酔峡に程近い秘湯。民芸風の中層の旅館の離れに涌く露天風呂。お湯は黄褐色に濁り、透明度は極めて低い。落ち着く場所に迷ってしまうほど広いが、源泉が多量に掛け流されているため、新鮮度は問題ない。宿の趣からすると意外なほど野性味溢れる露天風呂。(2004/05)
由布院温泉 下ん湯
★★★
大分県湯布院町
共同湯
金鱗湖のほとりにある茅葺きの小さな共同湯。高級旅館主体の由布院温泉において、気軽に立ち寄れる貴重な温泉。内部は混浴で半露天になっている。気軽に入れるのはいいけど、由布院の良さを感じるには力不足かも。(2004/05)
明礬温泉 鶴寿泉
★★★★★
大分県別府市
共同湯
明礬温泉の共同湯のひとつ。男女浴室の入口の間にお地蔵さんが鎮座する、風情ある佇まい。濃く白濁し硫黄の香りも強い温泉は単純酸性泉で、別府八湯の中でもかなり刺激の強い部類に入る。正方形の浴槽のみのシンプルな構成が素朴で温泉情緒に溢れている。(2004/05)
鉄輪温泉 ひょうたん温泉
★★
大分県別府市
日帰り入浴施設
鉄輪温泉の大きな日帰り入浴施設。豊富な湯量を生かして様々な温泉体験を提供している。メインは打たせ湯。3mほどの高さから注ぎ落とされる十数本の温泉の筋は圧巻。その他にも歩行湯、砂湯、蒸気吸引など、さながら温泉のデパートだが、それゆえ全体の雰囲気づくりに失敗している。あの熱帯植物園みたいな浴室は何とかならないものか。(2004/05)
鉄輪温泉 神和苑
★★★★★
大分県別府市
高級温泉宿
山地獄とかまど地獄の間に広い敷地を構える温泉宿。純和風の建物と庭園が美しい。温泉もその雰囲気を踏襲している。ここの特徴は何と行っても温泉の色。透き通ったブルーの温泉は、言葉に言い表せないほどの美しさだ。色合いは、見る角度によっても微妙に変化する。美しいブルーの温泉は、湧出してからのある一定の時間のみ見られる、まさに神秘の温泉だ。(2004/05)
明礬温泉 別府温泉保養ランド
★★★★★
大分県別府市
怪しい入浴施設
明礬温泉から少し海側の国道沿いにある温泉施設。素っ気ない公民館のような建物だが、奥に潜む温泉はただモノではない。名物泥湯の前に立てば、まず目を疑い、そしてその感触に驚愕する。内湯は目の粗い泥で、身を浸そうにもぷかぷか浮いてしまう。外湯の広大な泥湯はほとんど田んぼの光景で、目の細かい泥に足下が埋まってしまう。これだけの規模の泥湯は他にはないだろう。素晴らしい温泉体験ができる。(2004/05)
別府温泉 竹瓦温泉
★★★★
大分県別府市
共同湯
別府温泉のシンボル的共同浴場。唐破風の歴史情緒ある建築が、別府温泉の由緒ある温泉文化を伝えている。向かって左側の砂湯、右側の内湯に分かれる。砂湯は一度体験してみる価値アリ。街中でこれだけの温熱を蓄えた砂湯を味わえるところが凄い。周囲が歓楽街なのもまた一興。(2004/05)
塚原温泉 火口乃湯
★★★★★
大分県湯布院町
温泉小屋
別府と湯布院の間、鶴見岳の裏側の硫黄山の中腹に涌く温泉。強烈な酸性泉で、phが何と1.4!お湯はレモン色をしていて、口に含むと見たまんまのレモン味。歯がギチギチになる。皮膚病等に効果抜群で、まさに西の玉川温泉といった感じ。温泉王国九州でも珍しい泉質だ。シンプルで雰囲気のある小屋もまたいい。(2005/05)
観海寺温泉 いちのいで会館
★★★★★
大分県別府市
仕出し屋
住宅街の細くて急勾配な道をぐんぐん上がっていくと現われるロッジ風の建物がいちのいで会館。本来仕出し屋で、食事をした人に限り温泉にも入らせてくれる。別府の街を一望できる展望の湯は掃除中だったので、かつての鉱山跡を利用した金鉱の湯に入浴。滝を間近に入浴できる素晴らしい露天風呂。湯は白濁したライトブルーで摩訶不思議。天然の蒸気を利用したサウナも凄い。ちなみに食事のだんご汁も美味い。この内容で1050円は安い。(2005/05)
寒の地獄温泉
★★★★
大分県九重町
一軒宿
久住山山麓の森の中に佇む歴史ある温泉。最大の特徴は、13℃という冷泉にある。この冷たい源泉にそのまま浸かるのがこの温泉流。なのだが、普通の人はとても長時間は入れたものではない。別浴の浴室には、沸かし湯も用意されている。硫黄分を含む。(2008/09)

 

■熊本県
地獄温泉 清風荘
★★★★★
熊本県長陽村
湯治宿

阿蘇山麓の山中にある秘湯。現在も湯治が中心の宿で、温泉は湯治で滞在している人達で賑わっている。シンボルとも言える「すずめの湯」は源泉が涌き出すその場所に設けられた素晴らしい温泉。濃厚な白濁の硫黄泉がぼこぼこと涌き出す様は圧巻。ぬるめの湯もあって長湯にも最適。原始的な雰囲気も素晴らしい。温泉場の原風景がここにある。(2004/05)

黒川温泉 山みず木
★★★★
熊本県南小国町
超人気温泉宿

黒川温泉街からかなり離れた場所に位置する超人気宿。個性的な露天を数多く備える黒川の中でも屈指の人気を誇るのが、山みず木の露天風呂だ。一貫性のある宿の建物の雰囲気と、豪快な自然景観をうまくマッチさせた温泉環境はさすがの一言。並大抵のセンスではない。(2004/05)

満願寺温泉 露天公共浴場
★★★
熊本県南小国町
露天風呂
集落の中心を流れる用水路のような小川の脇に、無造作に設けられたコンクリート浴槽。ここに無色透明の温泉が掛け流されている。何の飾りっ気もない洗濯場のような雰囲気が男らしい。旅館の玄関先で脱衣して温泉に身を浸すと、目線に川面が広がり、見上げれば県道を行く人と至近距離で目が合ってしまうという過激なまでの開放感が気持ちイイ。(2004/05)
奴留湯温泉 共同浴場
★★★
熊本県小国町
共同湯
小さな集落の小さな共同湯。泉温が低く、どれだけでも入っていられる。ほのかな硫黄の香りが特徴的で、溢れたお湯が床をキレイに覆って流れていく様が美しい。浴槽の底に大きな石が転がしてあるのが面白い。(2004/05)
黒川温泉 いこい旅館
★★★★
熊本県南小国町
田舎風温泉宿
超人気温泉地黒川温泉の宿のひとつ。黒川の法則に則って、田舎の民家風の設えの中で、豊富な源泉を利用した露天風呂を楽しめる。密集した温泉街の中にありながらも、入浴時の開放感を何とか維持している空間構成力は素晴らしい。(2008/09)

 

■宮崎県
串間温泉 いこいの湯
★★
宮崎県串間市
入浴施設
都井岬に程近い国道沿いの温泉施設。レストランや宿泊施設が併設された規模の大きな施設。
温泉は無色無臭で循環だが、建物のセンスが良いので気持ち良く入浴できる。(2005/05)
えびの市営露天風呂
★★★★
宮崎県えびの市
露天風呂
えびのスカイラインの賽の河原付近にある公営の露天風呂。公営の割に、簡易脱衣所と露天のみという、ごくシンプルな構成。硫黄分を多く含む緑ばん泉は珍しいらしい。確かに硫黄泉とも硫化水素泉とも少し違う。高所にあるが、展望は思ったほど開けていない。(2005/05)

 

■鹿児島県
ティエム牧場温泉
★★★★★
鹿児島県鹿屋市
海岸の日帰り入浴施設
公園の様な小さな敷地内にある。バラック小屋のような簡素な建物の中に、成分豊富な褐色の温泉がドバドバと掛け流されている。湯口からは絶えずブシューっと炭酸ガスと思しき気体が湯とともに噴き出している。祈出物が凄まじく、いたる所に成分がこびり付いて原形を留めていないくらい。強烈な個性が忘れられない温泉。(2005/05)
開聞温泉
★★★★★
鹿児島県山川町
共同湯風の温泉
海岸近くの林の中に佇む銭湯タイプの温泉。浴室の中央に2つに仕切られた浴槽があるだけのシンプルな構成。掛け流される温泉は赤褐色で、透明感がほとんどない。濃厚だがさらりとした湯感が特徴。室内のいたる所に貼られた強気の注意書きが面白い。(2005/05)
長島温泉 長島温泉センター
鹿児島県長島町
日帰り入浴施設
国民宿舎に併設する日帰り入浴施設。300円という安い入浴料以外オススメできる理由が見当たらない。(2008/09)
指宿温泉 指宿こころの湯
★★★
鹿児島県指宿市
スーパー銭湯っぽい温泉施設
指宿なのはな館の隣にある、半滞在型複合温泉施設。浴場は十分過ぎるくらい広く、この手の温泉の割には雰囲気も上品で、飽きさせない。癒しをテーマにしたサービスや施設が充実している。格安の宿泊施設(こころの宿)と物産館が併設している。(2008/09)
妙見温泉 石原荘
★★★★★
鹿児島県霧島市
高級温泉旅館
南九州の人気温泉郷の高級宿。渓流の自然と一体化した露天風呂が素晴らしい。源泉が湧き出るその場で、川の流れと同じ目線で入浴できる。温泉は鉱物臭豊かで、炭酸成分が非常に多い。身体中泡だらけになる。温泉のロケーション、泉質、落ち着いた宿の雰囲気と、あらゆる点において非常にレベルが高い。(2008/09)
霧島新湯温泉 霧島新燃荘
★★★★★
鹿児島県霧島市
湯治宿的国民宿舎
霧島連山に囲まれた山中にある木造の湯治宿。青みがかった白い濁り湯は単純硫黄泉。濃厚な源泉がドバドバと注がれている。皮膚の病に対する効能が有名なため、湯治場としての雰囲気が濃い。素朴な温泉場風情が残る。(2008/09)
さくらさくら温泉
★★★★★
鹿児島県霧島市
民芸調温泉リゾート

霧島神宮近くにある温泉施設。入浴施設のみではなく、宿泊棟が点在するリゾート施設の一部。という印象からは考えられないような、個性的で素晴らしい源泉を楽しめる。
全国でも数少ない泥湯の天然泥で全身パック。特に女性にはオススメ(2008/09)

尾之間温泉
★★★★★
鹿児島県屋久島町
共同湯
旧上屋久町中心街の尾之間にある、地元住民中心の共同湯。地元の林材と花崗岩でできた建物が、共同湯の風情を漂わせている。源泉が浴槽の底から湧き出る自然湧出温泉で、お湯の鮮度は申し分が無い。さらりとした硫黄泉で、屋久島トレッキングの疲れを癒すことができる。(2009/10)
平内海中温泉
★★★★
鹿児島県屋久島町
海岸(海中?)に湧く野湯
屋久島の南端近くの海岸に湧出する温泉。簡易な浴槽が設けられており、干潮の前後2時間のみ入浴することができる。それ以外の時間は、水没しているという時間限定の正真正銘の野湯。有名な観光地で、入浴している人も見に来るだけの人も多い。(2009/10)

 

■沖縄県
未訪問。。。

 

 

戻る