白銀の樹海ロード


life_1000.jpg

北横岳ヒュッテへと戻る雪道は、さながら白い樹海ロード。
積雪期でなかったら、そんな印象は受けなかったかもしれない。木々に覆われた地表から、樹木の枝の1本1本まで、くまなく白銀の衣に包まれた世界が、そういった印象を与えるのである。

life_1001.jpg

樹氷と呼んでいいかどうかは各々の判断に任せるとして、群れをなす樹木はスノーモンスターと呼ぶに相応しいと感じた。

life_1003.jpg

ヒュッテに戻ると、まだ多くの登山者が休憩していた。
仲間がヒュッテの玄関の前で「七ツ池」への分岐を見つけた。
夏の北横岳なら外せない景勝地だったかもしれないが、今は氷結した小さな池に雪原が広がるだけだった。

この季節に限って言えば、森の中で自然の造形を様々な角度から眺め鑑賞することが一番楽しいような気がする。

life_1004.jpg

ミクロの観察にも事欠かない。

ただ、写真に記録しようにも、相変わらずの標準ズーム1本ヤリなので、寄るにもこの程度が限界。マクロ写真っぽくごまかしながら撮ってみる(^ ^;

life_1002.jpg

深く澄んだ青空に輝くSnow Monsterたちを間近に感じて森の中に佇む。
豪快な景色を眺めることだけでなく、こういった空間体験も山の魅力のひとつなのだ。
2010/01/16(Sat) 01:14:24 | 以前のコメント

Re:白銀の樹海ロード

確かに、雪国の人にとっては鬱陶しい以外のナニモノでもないかもですね〜。僕も札幌に住んでた頃は、スノースポーツなんてほとんどやりませんでしたし(^ ^;

しかし、雪山の景色は格別ですよ。ちょっとした知識と装備は必要ですが。
特にスノーシューは、夏場だと行けないようなルートを取れることがあるので、ちょっと他にはない面白さがあります。
1059(2010/01/19(Tue) 23:35:39)

Re:白銀の樹海ロード

青空に樹氷の組み合わせは見事ですね〜。
毎日雪と格闘してるので、なかなか雪山へという気持ちになりにくいのですが、
こういう風景が待っているのなら行ってみたくもなりますね。
スノーシュー・・・かなり欲しいかもw
anomalocaris(2010/01/18(Mon) 20:24:59)
Tittle: Name:

New Entries

Comment

Categories

Archives(764)

Link

Search