金沢21世紀美術館


life_328.jpg

お盆の帰省時に、金沢にある21世紀美術館に行ってきました。
企画中から注目し、数年前に開館以来ずっと行きたかったんですが、ようやく念願かなっての訪問。
金沢自体久しぶりで、短い時間だったけど懐かしかったです。

金沢市役所隣で兼六園の向かいという怒濤の立地もあって、凄い数の来場者数。地方美術館の常識を逸してるぞこれは。。すっかり金沢の新名所として定着している模様。

この美術館、まず特徴的なのは建築の形で、平面的に見ると完全な円形をしている。
その円周が全てガラスの外壁となっていて、外部は芝生で覆われており、建物に表も裏も無いといった感じ。(夏の暑さ対策からか、朝顔の蔓で覆われてたけど)

life_327.jpg

その円形平屋の建物の中に、四角い白い箱がいくつも独立して配置されてて、これがそれぞれ展示室になっている。来館者は、箱と箱の隙間の通路を散策しながら、大小様々な箱に自由に出入りして展示物を鑑賞していく。

外周部に無料展示室、中心部に有料展示室が配置され、巧みに動線処理がされてます。
美術館の名称の通り現代美術がメインで、展示イベントはかなり難解だったけど、ロジカルに理解しようとすることに注力せず、ラクに鑑賞しちゃいました。

life_329.jpg

でもどっちかってゆーと、展示物より建築の空間の方が楽しめたなー。
美術館で重視される動線計画が生み出す空間的な繋がりがここにはなく、個々の場所の光と影とボリュームの重なりが無数に独立して存在している感じで、これまでにない空間体験が待ってました。

life_330.jpg

コンクリートの床は割れてるし、ハッキリ言ってディテールは大したことないんだけど、めくるめく空間体験という意味では、これほど考え抜かれ、それを大部分で実現しているというのは素晴らしいと思った。
正直、コンセプト建築の枠を出ないと思ってたんだけど、コンセプトを楽しい空間に仕立て上げることに成功している。うん、素晴らしい。

でも何より建築が生き生きと使われているのがイイね。
地方美術館として地域に密着してる姿がイイ。美術館をもっと身近に感じて利用してもらおうという意図を感じます。
純粋に「楽しい」美術館だし、有名観光地目白押しの立地なので、興味ある方はぜひ立ち寄ってみてください。

life_331.jpg

↓金沢21世紀美術館HP↓
http://www.kanazawa21.jp/
2007/08/18(Sat) 10:14:46 | 以前のコメント

グッチコピー

2017激安通販専門店
ロレックス、ブルガリ、フランク ミュラー、
オーデマ ピゲ、ブライトリング、グッチ、エルメス、パネライ、
当店のスーパーコピー商品は他店よりも質が高く、
金額も安くなっております。
ご購入する度、ご安心とご満足の届けることを旨にしております
グッチコピー http://www.newkokoku.com/lq1.htm
グッチコピー(2018/01/03(Wed) 03:17:46)
Tittle: Name:

New Entries

Comment

Categories

Archives(764)

Link

Search