6年目の定点観測(そしてトラブル!?)


life_1311.jpg

先日めでたく6年目に突入したR style S2000。
毎年この時期になると、クルマ(と自分)の成長を確かめるために、納車の翌週に訪れたビーナスラインに訪れて、定点観測を行うようになりました。(たしか昨年はサボりましたが・・(汗)

今年は上手い具合に6年目が始まった直後の週末(本日)が晴天となったので、今シーズン初めてとなる夏期の朝練を兼ねて、早朝のビーナスラインへと繰り出しました。
今シーズンのエスと言えば、車高調の仕様変更が大きなブラッシュアップとなり、今回が初めてのワインディングということもあって、その辺の評価も含めて。

現地に着いてまず最初に、これまでの減衰力のセットに戻そうとボンネットを開け調整をしようとしたら、フロント左右の調整ネジが動かない・・・・・何度試みてもビクともしません。
調整用にチンケな付属工具しか持っていなかったので、散々悪戦苦闘したあげく、これ以上は不可能と判断し、フロントはもっともソフトな減衰で走るハメに。。
乗り心地は物凄くイイものの、フロントが動き過ぎて今ひとつリズムに乗れず。これは完全に誤算でした。

しかし車高調をOH&仕様変更したことによって、車体の動きそのものは非常にスムーズになりました。スプリングもこれまでのswiftからHYPERCOにチェンジしたんですが、これがまた非常にイイ感じ。足の動きが全然変わりましたねー。街乗りでは快適そのもので、ワインディングに持ってきても、なんていうか、動きが素直で掴みやすいです。
仕様変更の詳細はそのうちガレージに載せようと思いますが、クルマが変わったと思わせるほどの激変ぶりです。同じダンパーなのに。

ただ、とある理由で車高が落とせず、微妙に腰高で減衰力も最弱と、ワインディングを楽しむには今ひとつの状態であるというのも事実。特に減衰調整できないのはまったく理由がわからず、トラブルであると認識せざるを得ない状態。(この顛末は後日記述ってことで)


ただ6年目の定点観測として、クルマの成長ぶり、そして健康状態を確認できたことは有意義でした。
思えば乗りやすくなったもんだ。乗りやすく、そして楽しい。
ビーナスラインのような様々な種類のコーナーが連続するテクニカルコースで、思いのままにコントロールできることが目指してた姿だとするならば、かなりいい塩梅に仕上がってるんじゃないかと思います。

あとはウデです。これが一向に上向かないんだよな(笑
2011/06/05(Sun) 00:35:04 | S2000
Tittle: Name:

New Entries

Comment

Categories

Archives(764)

Link

Search