クルマが変わるECU交換


life_1019.jpg

ECU交換によって変化するのは、何もエンジンパワーだけに限ったことではありません。

変化その一。VTECが切り替わる回転数。

DOHC VTECを採用するS2000のF20Cですが、ハイカムに5000回転台後半で切り替わるのが、GENROMでは5000回転台前半に変化します。
メーター表示にズレがあるので、厳密にはわからないですが、一応仕様的には5300rpmで切り替わるとあります。(純正状態は確か5800rpm)

VTECの切り替わり回転数って、それだけ下げても意味が無いと思ってますが、エンジン制御を最適化した場合にはハイカムが効果的な回転数も変化してもおかしくないので、アリだと思います。
2速から3速にラフにアップしても、ハイカムを外さないのが利点ですね。


その二。排気音。

元々低音系の音が厚い無限マフラーですが、アイドリング時から発進加速時まで、一層重厚なサウンドに変化したような気がします。気がするだけで変わってないかもしれません(笑
微妙な変化です(^ ^;

元々決して静かとは言えない(かといってウルサイわけでもない)無限マフラーですが、、経年劣化と吸気関係の仕様変更で、当初より音量が増えてるような気がしないでもない。音量を計ったことがあるわけではないんですが。

それがますますオトコらしい筋肉質な音に・・・(汗
西伊豆のコースにあるトンネル内で響く排気音は、まさにホンダレーシングって感じでシビレた〜^ ^

ますます汗臭い(色気のカケラも無い)オープンカーになってしまいました(爆
2010/01/26(Tue) 23:38:55 | 以前のコメント
Tittle: Name:

New Entries

Comment

Categories

Archives(764)

Link

Search