数寄屋温泉旅館


life_782.jpg

向瀧のウリは何と言ってもその旅館建築が生み出す風情。
明治大正期から建築と改築を繰り返し、昭和初期の大増築を経て現在の姿に至っている。
山の急斜面に沿って広がる庭園を、時代折々の木造建築が取り囲んでいる。

life_785.jpg

荘厳な玄関部分を入ると、板張りの廊下が奥まで続いている。
丹念に磨かれ艶を放つ床板を踏み締めながら、庭園に沿って雁行する広縁状の廊下を奥の奥へ。
玄関から最も遠くにあるのが、昭和10年の増築部。忠実に山の斜面に沿って建つ複雑な木造建築の姿が庭園越しに現れるのだ。

life_786.jpg

今回取った部屋は、この昭和増築の一番下の小さな部屋だった。
8畳一間ではあるが、その分庭にはどの部屋よりも近い。こたつに入りながら、雪見障子越しに歴史風情溢れる庭園と建築を眺めるのは、この上ない贅沢のように思える。

この宿には同じ部屋がひとつたりとも存在しない。
全ての部屋に趣向を凝らした特徴がある。宿のホームページを見れば、その全ての部屋を疑似体験できてしまう。(凝り過ぎなくらいアグレッシブなHPで、実際の宿のイメージとは程遠いのはご愛嬌(笑)
そこから好きな部屋を指定して予約ができるのが、温泉好き建築好きには堪らないのだ。

life_784.jpg

伝統ある建築の様式は書院造りを基本としながらも、定まった様式を敢えて崩し、粋な装飾をセンス良く取り入れた数寄屋の風情がたっぷりと盛り込まれている。
当時の棟梁を筆頭に、職人が持てる技を結集して、ひとつの世界を後世に遺していることに感動する。
それを今日までこんなに状態良くキレイに維持している、宿に関わる歴代の人々の精神に敬意を感じずにはいられなかった。

life_783.jpg
2009/02/14(Sat) 00:55:45 | 以前のコメント

オメガコピー

迅速かつ丁寧な対応をありがとうございました!
★ルイヴィトン★モノグラム★モンスリMM★リュック★M51136★120615002★
画像より小さく感じました。けっこう重たいです。
オメガコピー http://www.bagssjp.com
オメガコピー(2017/09/17(Sun) 06:49:20)

Re:数寄屋温泉旅館

「数寄屋」とは、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて生まれた建築様式のひとつですね。
室町時代の武家の邸宅として定着した「書院造」をベースに、洒落た軽妙な意匠で、気楽でリラックスできる趣味空間を創り出してる様式を、一般に数寄屋と読んでるんだと思います。(非常にざっくりした説明ですが、たぶんそんな感じだと解釈してます)

数寄屋の語源ですが、「数寄」って要は「好き」ってことですたぶん(^ ^;
よく「好き者」とか言ったりしますよね。ヘンな事に拘ってたりしてる時のマイナスイメージで使うことが多いですが、まさにそんな「好き物」が好んだ建築なのではないかと。。(でも実際の数寄屋は、非常に洗練されててデザインの質の高い建築だと思います)

数寄屋が出始めた当初は、茶道が流行ってた時代で、茶道にハマっちゃった人のことを「数寄者」とか言うのが語源かもしれないですね。
茶の湯と数寄屋は切っても切れない関係ですから。千利休の茶室は、まさに数寄屋の原型ですし。熊本城の茶室がそういう名前なのも、ここに理由があると思います。
ちなみに、数寄屋建築の最高峰として名高いのは、京都の桂離宮です。一度見てみたい・・・

じっくりくつろいで鑑賞できる数寄屋建築って、なかなかありません。
そういう意味じゃ貴重なんですよ、この向瀧も。
1059(2009/02/16(Mon) 10:22:50)

Re:数寄屋温泉旅館

この「数寄屋」という名前はどこからきてるんでしょうね?

実は最近、熊本城を撮りに行ったのですが、そこに「数寄屋丸」という大きな茶室があるのですよ。
たぶん接待用か何かかの建物だと思うのですが。面白い名前だな〜と思ってました。
何か通ずるものがあるかも知れませんね(^^)

いやしかし、こんな味のある旅館を良く探し出しましたね^^;
僕も温泉ならホテルよりも旅館が良いですねぇ。
TSUYOSHI(2009/02/14(Sat) 12:38:51)
Tittle: Name:

New Entries

Comment

Categories

Archives(764)

Link

Search