10月 232017
 

2017 10 22 01

ここ2週間ほど、毎日ずーーっと雨です。
比較的、雨が多い季節なのはわかるけど、ここまで降り続くのは異例です。

そして季節外れの大型台風の直撃。これを書いている今まさに、東京地方は暴風雨。
台風の通過そのものは一瞬ですが、台風によって刺激される秋雨前線が活発に活動するのは困りものです。
せっかく10月の週末は走りまくろうと思ってたのに、計画倒れに終わりそう。

そんな悶々とした日々を過ごしていたところ、魅力的なお誘いが。。

エリーゼ乗りのハリソンさんから、2号車で街中ミーティングしましょうというご提案がありました。
元々、エリーゼとS2000で、ビーナスかっ飛ばそうぜ!っていう主旨だったのですが、問題なのはこの天気。
どう考えても、かっ飛ばすには気分の乗らない空模様っていうのが確実だったので、嗜好を変えて、お互いの2号車でまったりミーティングすることにしたのでした。

ハリソンさんと自分には、3台持ちという共通項があります。
その上、1号車トップガンは走り特化のオープン2シーター、2号車はブルーボディーにクーペスタイルで4人乗り、3号車は単に屋根空き(笑)と酷似しています。
その中で、今回初めて「2号車」というテーマで集まることに。

横浜みなとみらいの某立体駐車場が集合場所。2台の都会的な青い2号車には、ぴったりのシチュエーションです。
待ち受けるハリソンさんの2号車は、泣く子も黙るコレ。

2017 10 22 02

いやぁ、まさかこうくるとは。
今年になって、前2号車のBMW X1から乗り換えられたのですが、これは予測不可能でした。

そして、偶然かわざとなのか(笑)、鮮やかなブルーボディ。

2017 10 22 03

コンパクトなボディに、高性能パワーユニットを載せるハイパフォーマンスマシン、アウディS3。
しかも、敢えてのセダンモデルです。流麗なクーペスタイルのセダンにメタリックブルーのボディが、タダモノでない感を際立たさせている。
コンサバティブにハッチバックボディにしなかったハリソンさんのセンスは流石です。

2017 10 22 04

こちら御存知、愛人様。
お肌の艶に関しては、新車のS3にはどうしたって敵いっこないですが、その艶めかしいボディラインは健在です。
まだまだ若い娘には負けていられない。もはや熟女の貫禄です(笑

2017 10 22 05

立体駐車場の外は降りしきる冷たい雨で、連れ立ってのドライブには到底向かない状況だったので、駐車場で2台の青いクルマを眺めながら、時を忘れてのクルマ談義。
こういう時間は本当にシアワセですね。普段の生活、仕事をしている時は、クルマとはまったく関係のない世界ですから、全然話題にする機会がない。
それが週末、同じ趣向を持った方との積もり積もった愛車ネタの会話は尽きることがなく、それでいて最高に楽しいわけです。

2017 10 22 07

2時間程立ち話(汗)した後、近所のカフェに徒歩で。クルマのミーティングとは到底思えない行動です(笑

ここでも飽きずに、愛車談義。
ハイテクマシンS3の実際や、エリーゼや3号車DS3の今後についても、興味深いお話をいただきました。
自分の方も3台のクルマたちの近況や、ここでは語っていない実情や将来的なことなどを・・・

2017 10 22 06

そうそう、ハリソンさんのエリーゼの前の1号車は、V6のアルファGTです。
元はと言えば、アルファGTとツーリングという共通項があったからこそ、お知り合いになったのでした。
そういった経歴もあり、自分にとっては大先輩。愛人様の調子がいかほどのものか、ハリソンさんの眼にはどのように写ったのでしょうか!? 

2017 10 22 09

今日は目の前メタリックブルー1色で、いつもの白黒とはえらい違いの絵ですが(笑)、これはこれで面白い。
ただ走れていないので、そこは欲求不満。リベンジを約束し、この日は解散しました。

雨の日のクルマの楽しみ方。考えようによっては、こういうスタイルもあると思っています。
走るだけのミーティングもいいですが、都会を背景として愛車を仕上げて、それを愛でるカーライフスタイルに思いっ切りこだわってみる、っていうのも、またひとつの楽しみではないでしょうか。

2017 10 22 08

 Posted by at 1:14 AM
10月 162017
 

2017 10 16 01

ツーリング時のドライビングシューズとして、個人的にすっかり定番化したnegroni(ネグローニ)
いろいろと回り道をしましたが、いまはこの国内ブランドのドライビングシューズがマイベスト。
あらゆるシチュエーションで活躍する、素晴らしく優れたコンセプト&デザインのドライビングシューズです。

そのnegroni、ソール張り替えメンテナンスをメーカーに発注したりしていますが、夏も真っ盛りの頃に、今度はフルオリジナルで製作オーダーをかけていました。
オーダーしていたことをすっかり忘れかけていた(笑)今月始めになって完成。手元にやってきたのがコイツです。

negroniは、既存モデルのデザインで、各パーツのカラーリングを自由に選び組み合わせることができるオーダーメイドが可能です。
オーダーメイドっていうと値が張りそうですが、実はエキストラコストは数千円。さすが国内メーカーで自社工場で生産しているだけあって、小回りがききます。
機会があれば、自分好みのデザインでつくりたいなと思っていましたが、そのチャンスがあったのでオーダーした次第。

negroniの中でもベーシックで、個人的にもっとも気に入っているIDEAというモデルをベースに、各パーツのカラーをセレクトしました。
カタログモデルのIDEAは、複数カラーのレザーを組み合わせてあるのがほとんどですが、自分がオーダーしたのは敢えての単色構成。
サイドの「n」のロゴもベース色と同化させて、ごくごくシンプルなデザインにしました。

フルオーダーだとかなり多くの色のレザーが選べ、いろんな色を複数組み合わせてオリジナルを作ってしまうことが多そうですが、これはその真逆。
そのかわり、シルバーという個性的なカラーのレザーをセレクトしました。
結果、ベーシックで種類も多いIDEAの中でも、他にはない個性が感じられる1足になったのではないかと。(ニューバランスみたいだ、という声もありますが(笑)

シルバーはそれほど派手ではなく、落ち着いたグレーに近いので、ちょっとモードっぽいテイストにもマッチしそう。ドライブの楽しみがまた少し増えました。
目下の問題は、雨降りばかりの週末で、コイツを下ろす機会がなかなかないことですね。

 Posted by at 2:30 AM
10月 062017
 

2017 10 06 01

390 dukeに代わる新3号車は、HONDA BEAT (PP1)です。

1992年初年度登録。なんと25年前のクルマ。立派なネオ・ヒストリックカーです。
冷静に考えて、25年前の「軽」自動車が、市場で普通に値が付いて取り引きされていること自体、驚きですが。。
でも事実として、当時販売・登録された多くの個体が、25年経った現在も現存し、市場でも価値を保っているわけで。
それだけ個性的で、愛され続けている車種であるということなのでしょう。 

 

何故いま、ビートなのか。

ビートはいろんな面で、自分の「原点」に関わるクルマです。
まずひとつにこのクルマ、人生で初めて、本気で欲しいと心底思ったクルマなんです。

ビートが発表、発売された当時、自分はまだ免許を取得できない年齢にもかかわらず、新聞の一面広告に掲載されたスタイリングに一発でハートを撃ち抜かれたのを、今でも鮮明に覚えています。
折しも、初代NSXの登場による衝撃の余韻が、ようやく落ち着いてきた頃。
そんな時代に、まるでベイビーNSXの如くパッケージングで、誰もが手にすることができる価格帯で(それでも当時の軽自動車の相場の倍近くはしたが)発売されたことに、NSX同様の衝撃を受けました。
これは欲しい(免許もお金もないのに)と思って、自転車に乗ってディーラーにカタログを貰いに行きかけたことも、よく覚えてます。

時は流れて、2000年代前半。
既に生産を終えていたビートを友人が中古で購入し、一緒にドライブする途中で、彼のビートを運転させてもらったことがありました。
実はこれが、人生初となるオープンカー体験。その時、こんな気持ちの良い世界があるのか!!と興奮しまくった思い出があります。
確かEK9からS2000に乗り換えた時にも語ったと思いますが、この体験に衝撃を受けて、オープンカーの世界に飛び込んだと言っても過言ではないのです。

そんな貴重な体験をさせてもらい、今に至る礎を作ってくれたのが、自分にとってのビートというクルマ。
だからいつの時代も特別で、いつかは手元に置いて楽しんでみたいと思わせる存在でした。

 

ただ、そうは言っても、発売から既に四半世紀の時が経過しているクルマ。
開発コストに制約がある軽自動車であり、かつチャレンジングなパッケージングということもあって、耐久性の乏しさから、マトモな個体はほとんど残っていません。
たまにデッドストックみたいな個体が出回りますが、却って走らせないことによる不具合も多いと言います。

ただ、そういった箱入り娘は例外で、通常、市場に出回るのは、軽自動車としては致命的なほどに走行距離が延びていることがほとんど。
それに加え、メカ的な弱点が非常に多く、それを積極的に対策している(弄っている)か、ノーマルの状態をできるだけ保とうとしているかに完全に二分されます。
どちらにしろコンディションがいい個体については、相当の価格が付いてしまう。ほとんどプレミア価格の様相です。

個人的には、これまで大切に維持されてきた個体、弱点を補うメンテナンスが手厚くされている個体があれば、手に入れてもいいかなと思っていました。
ビートに関しては、ノーマルのままでは怖くて乗れない。それくらい弱点が多いんです。
そういった不安をかなりの部分において払拭できるくらい、今回所有することになった個体は、維持管理歴が優れていました。

 

(長ーいので、つづく)

 Posted by at 2:00 AM
10月 042017
 

車検取って間もない390 duke が去ったのには、もうひとつ理由があります。
それは、次なるステージへの幕開けだと思っています。

その真意は、いろんな意味で「原点」を見つめ直すこと。
いつも心の底に思い描いていた、初恋の相手にもう一度、告白するような気分です。

あの日のあの時のように、君はいまでも変わらない。

だから今度こそ、この僕と付き合ってほしい。

そんな気持ちが通じたのでしょうか。
何か、不思議な縁をたどって手元にやってきた、小さな相棒。
それは、25年前の儚き恋の想い出・・・

2017 10 04 01

四半世紀の時を経て、ネオ・ヒストリックとなったリトル・イエローとのカーライフ。乞うご期待。

 Posted by at 12:24 AM
7月 022017
 

2017 07 02 01

梅雨前線が本州ど真ん中に停滞し、各地で大雨を降らせたこの週末。
どう考えてもツーリング不適なこの時期に、とある集会に召集がかかりました。

こんな自分に白羽の矢を立てたのは、「89ers」。
決して仙台の某チームではありません。彼らは、初代NSXと同じ’89年生まれという共通事項を持つ、本気度MAXのオープンカー乗り達。
そんな彼らから、軽く一回り以上長めに生きている自分に、なぜか召集がかかりました。

クルマもドライバーも彼らから比べれば相当の老体ではありますが、自分のひとつ年下である佐藤琢磨だってインディ500で優勝(めちゃめちゃ興奮した!)した昨今。
まだまだ負けるわけにはいくまいと参戦を希望し、小雨の降る早朝の関越道を北上することにしました。

2017 07 02 02

89ersの面々は、Sho-zさん/AP2-110、Daiさん/AP1-100、Mr.15さん/AP1-200、眼飴さん/NBロードスター。
どれが誰っていうのは、書かなくても型式で特定できると思います(笑
NB以外は前にもお手合わせいただいた方々。NBの眼飴さんは、以前インプレッサに乗っていた時にお会いして以来の再会でした。

2017 07 02 09

上信越道のPAで集合した後、とにかく雨が降らなさそうな方角へ向かうことにしたので、佐久から蓼科スカイライン、ビーナスラインという足取りになりました。
冬期通行止めから明けたばかりの蓼科スカイラインの路面の悪さには、一同ビックリされていたようですが、交通量極小の高速ワインディング、楽しめていただけたかと思います。

2017 07 02 03

大河原峠は、予想に反して絶景。絶対、雲の中だと思ってたんですが。
雨雲から逃げた甲斐があって、雨に振られないどころか、時折青空の下を走れる状況に。
予想外の状況に一同嬉々としつつ、走っては愛車談義に花を咲かせの、マスツーリングならではの楽しみを堪能しました。

山を丸子側に降りて14時過ぎに解散。蓼科スカイラインで汚れ放題汚れた車体を、その日のうちに洗車する余裕がありました。
日帰りだったので走る距離も時間も限られてましたが、なかなか濃密だったと思います。

2017 07 02 04

【Sho-z/AP2-110】

進化著しいSho-zさんのAP2。なんか会う度にどっか大きく変わってるような気が・・・
蓼科スカイラインの追っかけでは、AP2を丸裸にさせていただきました(笑
ぜひ、VSA OFFの世界も味わってみてください(危険

2017 07 02 05

【Mr.15/AP1-200】

なんと、試乗させていただきました。同じAP1-200なのに、各部全然違ってたのが非常に印象的で、勉強になりました。ありがとうございます。
ミッションは、シフトノブの差を差し引いても、若干お疲れモードのような気がしましたが、ボディのカッチリ感は非常に羨ましかったです。

2017 07 02 06

【眼飴/NBロードスター】 

前を走っても後ろを走っても賑やかだった眼飴さんのNB。とりあえず、タイヤ替えましょう(笑
眼飴さんとSho-zさんは、初めて会った時は2人共セダンに乗ってましたが、今ではすっかりオープンカー乗りに。
2人が言うには、自分が影響してるらしいです。。。何がそんなにイケなかったのか?(爆

2017 07 02 07

【Dai/AP1-100】

挙動安定、官能的な排気音、大胆なライン取り。追走してて惚れ惚れします。
100型はとにかく軽やかですね。また9000回転回しに来てください。

2017 07 02 08

今回はたまたま成り行きで、勝手知ったる蓼科スカイラインと、ホームコースのビーナスラインだったので、自分はラクさせてもらったのですが、89ersはさすが勇猛果敢でしたね。
ご老体には、ちょうど良いハンデだったかと思います(笑

今度はぜひ、泊りがけでガチンコツーリングしましょう。

 Posted by at 9:11 PM