3月 182017
 

2017 03 18 01

三連休は、クルマにどっぷり?
初日は愛人様のお色直し。冬靴から夏靴に履き替えました。

いつでも北陸の実家に戻れるように、冬タイヤで走れるクルマを常備している関係上、タイヤ交換は最低でも年2回は行うわけですが、ガレージ住まい?になって格段に作業効率が上がりました。
片付けてあるタイヤを引っ張り出して交換して、また片付けるのに1時間もかからないですね。
アパート時代、ベランダから駐車場に下ろすだけで疲労困憊だったことを考えると、雲泥の差以上の差、です。

2017 03 18 02

サクッと交換したら、今度は洗車。
先々週福島に行っていたので、融雪剤で汚れ放題。ようやくスッキリとしました。
光り輝く15フィンの18インチ純正ホイール。GT 3.2 V6の専用ホイールですが、素晴らしく車体にマッチします。純正とは思えない抜群のツライチ感。
冬タイヤのホイールも悪くはないですが、やっぱりこれだなぁ。妖艶なクーペスタイルを、一層リッチに引き立ててくれます。

交換ついでにタイヤのチェック。
購入当初からミシュランのパイロットスポーツ3ですが、これが実に車格というか、クルマの性格にマッチしているタイヤです。
高速グランドツーリングにはもってこいですね。

2017 03 18 03

ミシュランだけに、made in France!
さすが、おフランスな香りに満足感倍増でした(車体は伊製ですが)が、、なんと1本だけ↓↓↓

2017 03 18 04

混じってることに、今日初めて気が付きました。。
えー、同じモデルの同じサイズでも、違う工場どころか、違う国で作ってるの??
まぁ確かに隣国ではあるけれど。。。

イタリア、フランス、スペイン。
完璧なワタシにこれ以上何を求めるの!?って言われているような気になるほど、妖艶なラテンの香り振り撒く愛人様なのです。。

 

ところで、先日ちらっと書いた「不幸な目に遭った」件。
その事象はこれ。

2017 03 18 05

場所はルーフなんですけど、塗装が禿げている上、思いっきり凹んでます。
福島県某所を走行中、突然頭上から大音響。確実に何かの落下物が命中したような感じでした。
すぐに後ろを確認すると、路上に落ちた落下物を回収しようとしているカラスが・・・

カラスは頭良くって、クルミとか硬くて割れない餌を、クルマに踏ませて割って食べるという話を聞いたことがあります。
確実にそれだったとは言い切れないですが、十中八九カラスの仕業。
戻って轢き殺してやろうかと思いましたが、、、冷静に考えて逃げられるに決まっているので諦めました。

そんなわけで、愛人様の頭部にタンコブです(涙
板金したくないし、凹みだけでもデントリペアしようかなぁ。

でも考えようによっては、これ、エスに乗ってるときじゃなくてよかったなと。
まかり間違ってエスだったら、人体に影響が及ぶところでした。(ちょうど前席頭上付近を損傷したので)

オープンカー乗りの皆様、頭上からの落下物には、くれぐれもお気をつけくだされ。

2017 03 18 06

 Posted by at 5:34 PM
2月 192017
 

2017 02 19 01

エスのブレーキに続き、本日はアルファGTのエンジンオイル交換。
朝イチで都筑にあるいつもの整備工場に持ち込んで、交換してもらいました。

タイミングベルト交換時から数えて、おおよそ5,000kmでの交換。その間、500mlほど継ぎ足しています。
汚れは直噴のJTSエンジンみたいに酷くないし、オイル漏れの対処をしたことで、オイルの減りもアルファV6としては完全に許容範囲。
チョイ乗りが多く、エンジンにとっては厳しい環境にありますが、長距離時にはそれなりに歌わせているので、比較的健康な状態を保てているのではないかと。

2017 02 19 02

オイルは今回も「TOTAL QUARTZ 7000 15W-50」です。
時代錯誤な粘度数値ですが、冬場の始動でも問題はありません。むしろこのくらいでないと、厳しい排熱に耐えられない気がします。
エンジンの精度やオイル漏れのリスクからしても、硬めの部分合成油はマッチしてますね。 

 Posted by at 11:51 AM
10月 292016
 

2016 10 29 01

前の投稿と一見同じような写真ですが、、、バッテリーが替わっています。
先週末に突然死したアルファGTのバッテリーを、朝イチで交換してきました。

交換を依頼したのは、いつもの整備工場
マイナーな車種にも関わらず、在庫がありました。さすがです。

この日の朝もエンジンはかからず、先週手に入れた携帯バッテリーを再び繋いで始動。
その後、エンジンを止めないようにして、横浜まで移動です。
どんなに走って充電しても蓄電ができないので、止めた瞬間に電圧が10V程度まで落ち、再始動が不可能になります。
ガソリンがもうほとんど残っていませんでしたが、GSで立ち往生するわけにもいかず、心細い残量で走り抜くハメに。

 

無事到着して早速作業開始。
古いバッテリーはあっという間に車体から切り離されました。

今回搭載するバッテリーは、MOLL社製「M3 plus K2」。
MOLLとはドイツのバッテリー製造メーカーで、ポルシェやアウディ、VWに純正採用されているという実績のあるメーカーです。

2016 10 29 02

燦然と輝く「Made in Germany」!
コストダウンのためにアジア諸国で生産する有名メーカーとの違いがここに。
本当に信頼に足るかは使ってみなければわかりませんが、どうしたってアジア製よりは品質への安心感があります。

2016 10 29 03

エンジンルーム内に装着。
ここで本来であればあるはずの、バッテリーの遮熱布が着いていないとの指摘を受けました。
ボロボロになって捨てられてしまったんでしょうか。エンジンとラジエターの排熱をまともに受けるだけに、バッテリーにとっては過酷な状態です。

2016 10 29 04

また、V6 GTはバッテリーを交換する際にサクションパイプを外すのですが、これが熱の影響で変形しており、インマニにきちんとハマらないという事象が。
メカニックの方がどうにかこうにかはめ込んで、更に応急処置的に追加固定までしてくれましたが、新品パーツがあるうちに替えた方が良さそうですね。

2016 10 29 05

古いバッテリーとサヨウナラ。
VARTAというMOLLと同じドイツメーカーのバッテリーでしたが、アジア製です。それ以前に、見た目からして造りがまるで違いますけど。(どう見ても安っぽい)

2016 10 29 06

それに何と言ってもMOLLは、見た目がカッコイイ(笑
ロゴとかフォントのデザインが、とってもオシャレだと思いませんか?(独製のわりには(笑笑)
見た目でバッテリー選ぶ人はほとんどいないと思うけど、エンジンルームの美しさ(?)を演出する上では、なかなか捨て置けなかったりします。 
バンドで隠れちゃってるのが惜しいぜ。 

交換後のエンジン始動は、もちろん一発。キレのあるスターター音に大変化しました。
こうやってバッテリーを新しくしてみると、今までのスターターの回り方からして末期的だったのがわかります。来るべくして来た、バッテリーの寿命だったわけです。

ファンやエアコンが作動していても、電圧は14V付近で安定。エンジン止めても、12V以上は計測できます。正常になっただけですが。
たった一週間のトラブルでしたが、ようやく解決できたって感じ。同時に、導入当初から考えていたV6 GTリセット計画は、一応ひと通り済んだ形になります。あ、でもまだホイールのキズが残ってるか。

2016 10 29 07

まぁでもしばらくは、何の気兼ねもなく乗り回せるわけで。
愛人様との甘い生活を、コソコソと楽しみたいと思います(恥 

 Posted by at 2:28 PM
10月 242016
 

2016 10 24 01

JAF救援によって息を吹き返したと思いきや、翌朝再び、GTは息絶えていました。
やはりアイドリングだけではなく、ちゃんと走らないと充電には至らなかったか・・・

昨日の今日で、またJAFを呼び寄せるのも気が引ける。
足を失った週末、やむを得ず予定は変更し、完全休養に充てることとしました。
エスを代役に引っ張り出すこともできるんですが、やはりそこは2台の性格の違いから、何が何でも代わりにするというわけにはいきません。

幸い既に携帯バッテリーを発注しており、届いてすぐにバッテリー接続の上、始動。
JAFの大型携帯バッテリーのように力強くというわけにはいきませんが、スターターがやっとこさという感じで回って、何とかエンジンに火がつきました。
これは便利です。これまで気にもしてませんでしたが、週末ドライバーには必需品と言ってもいいかも。 

そこからは1時間ほど、エンジンを止めずに夜の街中を徘徊。
走っている最中は電圧は安定しており、ライトオンのまま停車中にファンが回っても、12Vを下回ることはありませんでした。
でも既に蓄電性能を失っている可能性が高く、次回乗る時には再び息絶えていることでしょう。

まぁ今回の事象がなくても、次回整備工場入庫時には、バッテリー交換するつもりではいたのですが。
電圧は比較的安定していて、エスのそれより高いくらいでしたが、いかんせん前回の交換記録が5年ほど前。そこから交換していないとすると、とっくに時期は過ぎ去っているわけで。
交換ですんなり機嫌を取り戻してくれることを願うばかりです。 

 Posted by at 1:40 AM
10月 222016
 

2016 10 22 03

またしても愛人が機嫌を損ねました(笑
イグニッションキーを回しても、力無く(ヤル気なく)ウィ〜〜んウィ〜〜んと言うばかり。そんなに放置してたわけでもないのに、ねぇ。

用事は急遽エスで済ませて、帰宅して早速ブースターケーブルで(HR-Vの時以来の)ジャンプスタート。
・・・しようと思ったのだけど、愛人のプラス端子はこんな所に。。

2016 10 22 02

ヒューズボックスが邪魔で、手持ちのケーブルだと繋げないじゃないか。
しばらく格闘してみるも、どうにもダメ。一応、危険を伴う作業だけに、ここは無理せずJAF呼んじゃうことに。
呼んでから10分ほどで救援の到着。一発で始動させて、風のように帰って行かれました。(会員なのでタダ)

バッテリー上がりって、救援車から電気もらって始動させるもんだとずっと思ってましたが、調べてみると最近は携帯可能なバッテリー使うのが主流なんですねぇ。
外出先で放電することも考えて、これを機会に常備しておこうと、早速発注しておきました。

ところで過放電の原因。おそらくはトランクルームのライトです。
トランクが若干閉まりにくいという癖があり、前回閉めたつもりが、どうも閉まってなかったというのが原因かと。(次の日再びエンジンかからず。バッテリー突然死っぽい)
そんな程度の理由なら可愛いもの。これが重大なトラブルの予告でなければいいんですが。。(汗 (→しばらく不動車ですorz)

 Posted by at 10:18 PM