10月 232017
 

2017 10 22 01

ここ2週間ほど、毎日ずーーっと雨です。
比較的、雨が多い季節なのはわかるけど、ここまで降り続くのは異例です。

そして季節外れの大型台風の直撃。これを書いている今まさに、東京地方は暴風雨。
台風の通過そのものは一瞬ですが、台風によって刺激される秋雨前線が活発に活動するのは困りものです。
せっかく10月の週末は走りまくろうと思ってたのに、計画倒れに終わりそう。

そんな悶々とした日々を過ごしていたところ、魅力的なお誘いが。。

エリーゼ乗りのハリソンさんから、2号車で街中ミーティングしましょうというご提案がありました。
元々、エリーゼとS2000で、ビーナスかっ飛ばそうぜ!っていう主旨だったのですが、問題なのはこの天気。
どう考えても、かっ飛ばすには気分の乗らない空模様っていうのが確実だったので、嗜好を変えて、お互いの2号車でまったりミーティングすることにしたのでした。

ハリソンさんと自分には、3台持ちという共通項があります。
その上、1号車トップガンは走り特化のオープン2シーター、2号車はブルーボディーにクーペスタイルで4人乗り、3号車は単に屋根空き(笑)と酷似しています。
その中で、今回初めて「2号車」というテーマで集まることに。

横浜みなとみらいの某立体駐車場が集合場所。2台の都会的な青い2号車には、ぴったりのシチュエーションです。
待ち受けるハリソンさんの2号車は、泣く子も黙るコレ。

2017 10 22 02

いやぁ、まさかこうくるとは。
今年になって、前2号車のBMW X1から乗り換えられたのですが、これは予測不可能でした。

そして、偶然かわざとなのか(笑)、鮮やかなブルーボディ。

2017 10 22 03

コンパクトなボディに、高性能パワーユニットを載せるハイパフォーマンスマシン、アウディS3。
しかも、敢えてのセダンモデルです。流麗なクーペスタイルのセダンにメタリックブルーのボディが、タダモノでない感を際立たさせている。
コンサバティブにハッチバックボディにしなかったハリソンさんのセンスは流石です。

2017 10 22 04

こちら御存知、愛人様。
お肌の艶に関しては、新車のS3にはどうしたって敵いっこないですが、その艶めかしいボディラインは健在です。
まだまだ若い娘には負けていられない。もはや熟女の貫禄です(笑

2017 10 22 05

立体駐車場の外は降りしきる冷たい雨で、連れ立ってのドライブには到底向かない状況だったので、駐車場で2台の青いクルマを眺めながら、時を忘れてのクルマ談義。
こういう時間は本当にシアワセですね。普段の生活、仕事をしている時は、クルマとはまったく関係のない世界ですから、全然話題にする機会がない。
それが週末、同じ趣向を持った方との積もり積もった愛車ネタの会話は尽きることがなく、それでいて最高に楽しいわけです。

2017 10 22 07

2時間程立ち話(汗)した後、近所のカフェに徒歩で。クルマのミーティングとは到底思えない行動です(笑

ここでも飽きずに、愛車談義。
ハイテクマシンS3の実際や、エリーゼや3号車DS3の今後についても、興味深いお話をいただきました。
自分の方も3台のクルマたちの近況や、ここでは語っていない実情や将来的なことなどを・・・

2017 10 22 06

そうそう、ハリソンさんのエリーゼの前の1号車は、V6のアルファGTです。
元はと言えば、アルファGTとツーリングという共通項があったからこそ、お知り合いになったのでした。
そういった経歴もあり、自分にとっては大先輩。愛人様の調子がいかほどのものか、ハリソンさんの眼にはどのように写ったのでしょうか!? 

2017 10 22 09

今日は目の前メタリックブルー1色で、いつもの白黒とはえらい違いの絵ですが(笑)、これはこれで面白い。
ただ走れていないので、そこは欲求不満。リベンジを約束し、この日は解散しました。

雨の日のクルマの楽しみ方。考えようによっては、こういうスタイルもあると思っています。
走るだけのミーティングもいいですが、都会を背景として愛車を仕上げて、それを愛でるカーライフスタイルに思いっ切りこだわってみる、っていうのも、またひとつの楽しみではないでしょうか。

2017 10 22 08

 Posted by at 1:14 AM
10月 022017
 

久々登場の愛人様ですが、車検のため、1ヶ月間ほど外出してました。

車検くらいぱっと受けてぱっと帰ってこいよって感じですが、そこはさすが愛人様。彼女は何かにつけてワガママなのです。
あれもこれもと要求(不具合、ともいう)が重なり、まったく帰ってくる気配がありませんでした(笑笑

2017 09 17 18

そのワガママのひとつ。アンダーガードが落ちつつあります。
GTは3台目ですが、アンダーガードはどの個体も徐々に落ちてきたので、今更驚きもしません。
が、3代目愛人様は結構重症で、地面に擦りまくって脱落寸前。交換を余儀なくされています。

この状態で8月に金沢往復とかしてたのがよくなかった。バンピーな北陸道で擦りまくり。まるで往年のF1マシンのよう(汗

2017 10 02 01

その結果、見事に裂ける直前までイッてました。
遅かれ早かれ対策しなければならない部品だったので、踏ん切りがついて、ある意味良かったですが。。

アンダーガードひとつとっても、異様に高価なのがアルファロメオの世界。パーツ代聞いてビックリ!
しかしそこは、今回も面倒見てくれてるのは百戦錬磨の専門店
実績ある社外品を加工して取り付けてくれるということで、かかるコストはおよそ半分に。主治医サマサマです。

2017 10 02 02

左が社外品。ビニル袋に入っててよく見えませんが、形状が異なり、純正より平坦でかつ材質的にも丈夫そうなカンジです。
156とか147にも使える汎用品らしく、取り付けには加工と工夫が必要とか。

2017 10 02 03

その他にも、ドライブシャフトブーツが破れたりとか、インテークチューブが固化して空気漏れてたりとか。。。何かにつけて手のかかるお方(笑

ただ、冷静に車齢考えると、もう13年目なんですよね。
乗ってなくても何か出てくるのは、仕方ないお年頃とも言える。

2017 10 02 04

車検ひとつも一筋縄でいかない、V6エンジンのアルファGT。
文化財保護の精神がないと、続きません(笑

まぁそれでも、都内転がしたり、たまに高速をズバーーンと駆け抜けると、やっぱタマランわ、という気持ちになります。
散々ワガママ言われても、それに抗することはできない、相変わらず罪作りな愛人様なのです。

 Posted by at 1:31 AM
6月 112017
 

2017 06 11 01

週末は愛人様と、金沢に1泊旅行してきました(笑
ま、今回は旅行と言うよりは、「業務連絡」的な所要が主な目的ですが。

ただ夜の金沢は、相変わらずってカンジで。。。
京都と並んで、夜のハズレが少ないのが金沢。今回もたっぷり堪能しました。

2017 06 11 02

東京(練馬)〜金沢間、往復900km。愛人様の高速移動は素晴らしく快適で、かつ3.2リッターV6+6MTのドライビングも楽しく、短時間の往復移動もまったく苦ではありません。
過去の富山Projectでの初代2号車HR-V以上に、移動すらも楽しみになる要素が確実にあります。

なかなか時間の制約が激しい日常ではありますが、少し楽しみ(=愛人様との逢引(爆)が増えそうです。

 Posted by at 8:00 PM
6月 062017
 

2017 06 06 01

再び愛人様ネタです。

ただしこの写真、今お付き合いしている方とは違います(笑
一見してちーーっとも違いがわからないと思いますが、、「2代目」の愛人様です。 

もう時効だと思うから書きますが、半年前くらいにこの「2代目」の個体が売りに出ました。
それからずーっと売れ残り続け、今年のGW中にようやく売約済みとなりました。
現在はどこかのオーナー様に、愛でられているかと思います。

自分が手放した時から距離が1万km程増えていたので、別のオーナーの手に渡った後、再び市場に出ていたと推測できます。
なんで個体が特定できたかというと、自分が貼ったステッカーとフロントリップがそのまま付いていたから。
そもそも台数が少ないデイトナブルーのGTで、特徴的な要素を残したまま売却してましたから。。

それにしても在庫の間、あまりに売れないからか何度も値下げが繰り返されて、その結果、売約時には自分が売却した際の値段とそんなに変わらない値札がついていたという。。
あの致命的なセレスピードの調子の悪さとナビの立て付けの悪さは、果たして改善されていたのだろうか・・・

既に別れた女ではありますが(爆)、幸せになってほしいものであります。

 Posted by at 1:29 AM
6月 042017
 

2017 06 04 01

久しぶりに、愛人様登場です。
エスが板金で入院中なので、その合間にエステ(外注洗車)しました。 

ここ最近、GW前からずっとエスばかり乗る週末が続いていたので、愛人様とべったりする(笑)のは久しぶりです。

2017 06 04 02

足元もキレイに。
洗うのが超大変な純正ホイール。
走ればあっという間に黒くなりますが、、ここをキレイにしないと全体が締まらないので、手を抜くわけにはいきません。

2017 06 04 03

後部座席です。
コンパクトなクーペボディからは想像ができないほど、マトモな座席空間が確保されています。

この「使える」リアシートはGTの美点のひとつで、例えば同時代にラインナップしていたGTVと比べると雲泥の差。
決して十分な広さがあるわけではないですが、稀にある4名乗車の際にキチンと使えるというのは、2号車としての重要な存在価値です。

サイドトリムの合皮が剥がれてきていたので、簡易補修しておきました。
以前、剥がれ方が激しかった助手席ドア内側部分だけ、専門業者さんに修理してもらいましたが、結構コストがかかるので、酷くない箇所は騙し騙しの自家補修です。

2017 06 04 04

見て美しく、乗って楽しいアルファロメオの異端クーペ。
コンパクトなクーペボディに大排気量のV6自然吸気エンジンと、時代を完全に逆行していますが、、この妖艶な世界(笑)からは、なかなか離れられそうにありません。

 Posted by at 4:33 PM