5月 262019
 

2019 05 26 01

GWの九州ツーリングレポート途中ですが、備忘録的に。
先週と今週の土曜日朝、二週連続でビーナスラインを走ってきました。
この時期恒例となった、「定点観測」です。

昨年から続けている調整ごとと、GW前のささやかなメンテナンスが功を奏したか、非常に調子が良い2019年夏前のS2000。
操作系のフィーリングと、それによってついてくるパワー感、サウンドがよくバランスされていて、エスのドライブが輪をかけて楽しいこの頃なのです。

最近の定点観測の中では、一番のフィーリング。
一連の操作感は非常に滑らかで、細かいコントロールも意のまま。
ひとたびアクセルを踏み込めば、粒の揃ったビート感のあるエンジンパワーが湧き出してくる。

なんというか、抜群に呼吸が合った感じとでも言いましょうか。エスと自分のキモチがシンクロ。晴れて両想い!?
とにかく今、気持ちがイイ。良過ぎるくらい、イイのです。

 

こうなった要因はいろいろある中で、特に効果があったのは、GW前に紹介した触媒の更新。
壊れたから新品に換えただけですが、思った以上にフィーリングが変わりました。
多少なりともヌケの良さが改善されるということでしょうか。高価なパーツなのでオイソレとはいきませんが、距離によっては交換すべき部位であることを、身をもって認識しました。
シフト&クラッチ周りももちろん。人馬一体フィールには、不可欠なメンテンスでした。 

それともうひとつ、これはGW後に行ったメンテナンス。プラグ交換です。

何も目新しいことではなく、オイル交換同様、定期的に交換するおなじみの部品。
ECUに手を入れる前から、ずっとNGKレーシングプラグを使用していますが、今回ももちろん同じ。
20,000kmを目安に交換ですが、頻度としては年1回交換というサイクル。毎年同じ時期に換えるようにしていれば、忘れることがない。
今回は本当に20,000km程度走行後の交換でしたが、15,000kmでも10,000kmでも、回す人ならこまめに交換した方がベターだと思っています。

2019 05 26 02

プラグ交換自体も、エンジンフィーリング改善に非常に効果があるのですが、今回は同時にイグニッションコイルも新調しました。
イグニッションコイルを交換するのは、通算2回目。GENROMを書き換えした際に、一度、純正新品に交換しています。
交換からまだ5年しか経っていませんが、80,000km程度走っているということ、点火という重要部位であることを鑑みて、今回プラグと同時交換。

ただ、純正部品でなく、今回は社外品にしました。

2019 05 26 03

NGK製、補修用パーツとしてのイグニッションコイル。
社外品と言っても、天下のNGK。プラグもNGKなんだから、きっと相性は抜群。(純正はDENSO製)
更には、こちら比較的新しいパーツ(2015年発売)で、最近の技術が盛り込まれていると想定。20年以上前の純正品とは一味違う何かがある予感。

2019 05 26 04

さすがはNGK、S2000適合品も当然ラインナップされており、純正よりお安いときている。
取り付け状態は若干窮屈。純正のように、嵌めるときのパコッという節度感がなかったり。専用品じゃないので、この辺は割り切りが必要。

でもですね、そんなことは走り出せばどうでも良くなる。

エンジンの回転が恐ろしくスムーズになった上、クラッチの繋ぎからしっかりとコントロールできるきめ細やかさも。
それでいて、しっかりとしたパワー感があり、下の回転からでも力強く加速していきます。
加えて、アイドリング時の静かさ。停車している時、ふと周囲の音がいつもより身近に聞こえることに気付く。足元には野獣が眠っているのに。

2019 05 26 05

・・・これは素晴らしい。費用対効果抜群。
かけたコストからすると、感動レベルです。

もちろんプラグが新品になった影響もありますが、それにしても違います。
同じイグニッションコイルでも、何かが根本的に違うような。何かはわからないですが。

身も心もトロけるような官能フィール。滑らかなのにソリッド。
この二面性が堪りません。

 

話がやや大きくなりましたが、、13年目の定点観測。
エスとの蜜月は、2日後の5/28から、いよいよ14年目に入ります。

惚れ惚れすることばかりではなく、今回の定点観測ではブレーキ関連に課題がはっきり見えました。(制動時に微妙にふらつく、効きが安定しない)
ドライビングについても、課題を見据えて走り込んだ結果、ちょっとだけわかったことがあったり。
そういうことをしっかりと教えてくれる、ビーナスライン(の一部区間)はいつもすまし顔。そんなホームコースの存在に感謝。
走り込みの成果は、次の課題として取り組みます。 

S2000との(時間的な)旅はまだまだ続きそう。
14年目も、じっくり楽しんでいこうと思っています。 

2019 05 26 06

 Posted by at 7:59 PM
4月 212019
 

2019 04 21 01

終わりなき道である、エスの維持管理計画。
今回は、このようなものを交換しました。

2019 04 21 02

パーツ名「コンバーターCOMP.」
いわゆる「触媒」というやつです。

交換の理由は、「壊れた」から。
S2000ではたまに聞くトラブルですが、中のセルが外れてしまいました。
排気を浄化する触媒は減るものではないので、外れても機能しますが、問題なのは外れたセルがセカンダリーO2センサーを叩いて、センサー破損を引き起こしてしまうこと。
結果、正確な排気状態を計測できなくなり、燃料噴射量が狂ってエンジンチェックランプが点灯、となるわけです。

2019 04 21 03

エンジンチェックランプ点灯まではいきませんでしたが、O2センサーの取り付け穴から内部を覗いて発覚。セルがセンサーに当たって、キレイに削れて(変形して)ました。
ここまでセルが変形していたにもかかわらず、O2センサー自体にはほぼダメージがなかったのは不幸中の幸いでしたが。

走ってる最中はゴトゴト音がするほどでもなかったんですが、外して振ってみたら、中のセルは完全にフリーになっている状態。
内側にて点溶接で固定してあるだけなので、何かしらの衝撃で外れてしまうのは予想できなくもない。
こういう状態になったら、他の部位の状態がどうであろうと、交換が吉と判断すべしということで。

2019 04 21 04

こやつが新品です。スポーツキャタライザーではありません。後ろの箱にあるように、正真正銘の純正です。
AP1の純正触媒は、見た目も機能もアフター品さながらというのが定説。オーナーの満足感は、こんなところにも(笑
カバーはそのまま今のを着けるので、見えなくなってしまうんだけど。(つまり、交換前後で見た目変化なし)

20万km超使用してススの張り付いたメタルハニカム触媒を更新したことで、排気がスムーズに流れるようになったのか、純正交換でも多少は変化が。
吹け上がりやや軽くなったというか、滑らかになったというか。表現が難しいですが、そんな感じ。劇的ではありませんが。

積極的に換えるものではありませんが、同種の破損が起こったら速やかに交換したいもの。
なお、部品価格は他と同様に高騰していて、今回の調達価格は10年前価格のおよそ6割増!
もともと高価な部品なので、破損の疑いのある場合は、早めに対処した方が良さそうです。 

2019 04 21 05

 Posted by at 10:49 AM
2月 032019
 

2019 02 03 01

2月最初の週末の関東地方は、小春日和の暖かさ。
つい遠くへと飛び出したくなる気持ちを抑えて、メンテナンスです。
エスのブレーキフルードとクラッチフルードを交換しました。 

吸湿性のある液体なので、乾燥し切ったこの時期に行うのが合理的。
加えてこの暖かさ(アルファGTの外気温計は18℃を表示している!)なら、ガレージ作業も捗ります。

2019 02 03 02

ブレーキフルードは、マスターシリンダーから遠い方から順に交換。
やはり、エアを噛んでいました。もう少し頻度上げてエア抜きしないといけないですね。

もっと酷いのはクラッチフルード。
最近クラッチがヤワいので完全に疑っていましたが、案の定、盛大にエアを噛んでいました。
マスターシリンダーがエキマニに近く熱害もあるので、ブレーキフルード以上に気を使わなくてはダメですね。

ところで、クラッチのスレーブシリンダーですが、遅延機構のない初期型に交換してから10年が経過しており、フルードを抜くボルトもかなり緩くなってきています。
エア噛みもそれが原因でないとは言い切れない。ビートがスレーブシリンダーからのフルード漏れで不動になったのは、記憶に新しいところ。
トラブルの多い部品というイメージもあるので、そろそろ考えたほうがいいのかも知れません。 

 Posted by at 2:01 PM
1月 202019
 

2019 01 20 01

新年早々、ドック入りしていたエスが帰ってきました。
昨年から入退院を繰り返している老兵。でも、2019年一発目の今回は、走りに直接関係するものではありません。
題名にも書いた通り、幌の交換が目的でした。

幌については、2010年に一度交換しています。
その時の走行距離は、およそ80,000km。12万km以上を走行しての、2回目の交換です。
ただ、幌の劣化に距離はあんまり関係がなく、主な要素としては次の3点かと。

  1. 開閉頻度
  2. 保管状況
  3. メンテナンス頻度

1に関しては、幌の開閉回数が多ければ多いほど、摩擦による劣化が進むと考えられます。
2に関しては、主に紫外線や雨水成分による劣化。日光や風雨に晒される環境にあるほど、厳しい状態にあると言えます。
3に関しては、ボディ同様、定期的に洗浄して、しなやかさを保つことが長持ちの秘訣と思います。

上記を理解しているつもりで気を使っていましたが、やはり経年劣化には逆らえず・・・
摩擦で穴が空きそうな部分には内側から補強していましたが、その努力も虚しく、補強していなかった箇所がぱっくり割れて万事休す。
たったこれだけでも高速走行時の風切り音は凄まじく、何と言っても見た目にみすぼらしいので、遂に交換を決意した次第です。

2019 01 20 02

1枚目の時は運転席側の縫い目の後ろ側だったが、2枚目の今回は助手席側の縫い目の前側
経験上、裂けそうなところは補強するのだが、それをあざ笑うかのように他の部分が裂けてしまう
 

2019 01 20 03

穴が空きそうな箇所を内側からダクトテープで補強している
最終的には室内側天井はテープだらけに・・・やっとこの状況とオサラバできるのか・・
 

今回の交換では、社外品を選択しました。2回目の時は純正交換だったので、初の社外幌です。
純正ビニール幌は純正だけに信頼性はあるのでしょうが、年数が経つにつれて固化して裂けやすくなるし、ビニール製ということで見た目にも今ひとつ美しくない。
不満点の多い純正幌には、もう十分付き合った。ここは心機一転、社外品でいってみよう!ってノリです。

実はこの決断には伏線があって、実はビートの幌が前オーナーによって社外キャンバス製に変更されており、これがなかなかの品質。
これと同じキャンバス製ならしなやかで強度もあって、加えてちょっとばかり高級感もありそう。
実際にビートで触れて経験したのが、大きな後押しになったわけです。

2019 01 20 04

イエローのボディにダークブルーのキャンバス幌は、軽らしからぬ高級感があり、大変上品な佇まい
これを実際に見て触って扱わなかったとしたら、社外品には踏み切れなかっただろう 
 

選択したのは、ビートに取り付けられていたのと同じ、米国ロビンス社のキャンバス幌。これのブラックを選択。 
個人的には幌はあんまり目立たせる部位とは思っていないので、敢えてこれまでと同色にしました。
ダークグレーがあったらそれも選択肢に入れたと思いますが、、いずれにしろ、ボディのカラーとボリューム感にマッチさせることを重視したカラー選択です。

2019 01 20 05

交換作業は、いつもお世話になっている浦和のお店にお願いしました。
交換には特にノウハウが必要な幌交換。経験豊富なショップにお願いするべし!というのは、2回目の交換時にディーラーにて交換した際に、痛いほどよくわかったので(汗
その点こちらは、エスを得意とする老舗でもあることから、幌の交換実績は群を抜いて多い。安心してお任せできます。(R style S2000の個体状況も、よく把握していただいているので更に安心)

2019 01 20 06

2019 01 20 07

2019 01 20 08

交換は、一週間ほど時間をかけてじっくりと。
今回は2回目の幌交換ということもあり、前回交換時には換えなかったウェザーストリップやリアモールなど、幌交換時に併せて交換すると有効な部分も一新。
ゴムやプラスチック部品が新しくなると、これまた気分も一新で清々しくなります。

2019 01 20 11

2019 01 20 09

2019 01 20 10

神は細部に宿る(笑
 

今はまだ交換直後で、テンションをかけて張っている状態なので、オープンにするのはもうちょっと先。しばらくはクローズドのままガレージ保管です。
オープン後の状況は、またいずれ。(全体像も(笑)
2枚の純正幌を経験し、次に社外品のキャンバス幌を経験するという状況となったので、実証と経験による比較は、おいおいレポートできればと思います。

Continue reading »

 Posted by at 6:50 PM
11月 182018
 

2018 11 18 01

予定通り、水遊びをしました。

洗車時はテーマがあることが多いのですが、今回はホイール洗浄。
ボディを洗った後、ホイールを車体から外して表面から裏側まで念入りに洗浄して、適当自家コーティング。
不思議なもので、ホイールとタイヤがシャキッとしていると、ボディがヘナヘナにヤレていてもビシッとして見えるもの。

完全自己満の世界ですが、旅人仕様のマシンには相応の洒落感も必要と考えるゆえ、大切な儀式です。

2018 11 18 02

ホイール洗って満足する予定でしたが、時間があったので、ついでに入荷済みのブレーキパッドも交換することに。
ブレーキフルードの全交換と同時にやるつもりでしたが、フルードはまだ未調達。
ただ、こういうのはやれる時にやってしまえが吉、ってもの。
DIYするためにクルマを持っているんではなく、ドライブするために所有してるわけですから。

2018 11 18 03

フロントのパッドは残り5mmでした。
まだ使用できそうな厚みですが、5mmくらいになると、ワインディングを長時間走る際の耐久性に支障が出てきます。(そんな強いパッドを使ってないので)
新品は9.5mmほど。リアは5.5〜6mmほど残ってましたが、新品は8.5mm。フィーリングを重視するなら、換え時でしょう。

2018 11 18 04

昨日交換した、フロントロアアームの後ろ側の、キャスター調整機能付ボルト&カラー

いろいろメンテナンスが続いていましたが、まぁまぁ満足に走れる状態になってきたかなと。(まだちょっとやることは残ってるけど)
来週末は連休。時間が取れそうなので、遠出をしたいと思ってます。今秋最後の「遠足」になるのかな。
観光シーズン真っ只中でどこも混みそうですが、、エスと水入らず、のんびり旅ができればいいな。

 Posted by at 6:01 PM