5月 272017
 

2017 05 27 03

生産から約12年。自分の手元に来てから、明日でちょうど丸11年になるR style S2000
仕様変更を繰り返す傍ら、数々の不具合事象の発生と、その解決を経験してきました。
この不具合事象でも、もっとも長く付き合っていて、今だに解消できていないのが、排気管から出るポンポポン現象です。

ずっと事あるごとに書いてきた内容なので、ずっとここに来ていただいている読者の方なら「あぁアレのことね」と思われるアレです。
そうじゃない人のために説明すると、アイドリング中に排気管から未燃焼ガスが燃えるような感じで、ぽん、ぽん、ぽんというような音が不規則に出る事象です。
一般的に「失火」と思われる現象ですが、ECUにトラブルのコードは出ていないし、プラグも正常。排気系も無限の頃から鳴っているので、関連性がありません。

これを解決しようと、過去にいろいろと試行錯誤してきました。
イグニッションコイルやO2センサーを新品に交換したのは、この事象解決が目的だったし、細かいことで言えば、接点の清掃、ガソリン添加剤での内部洗浄やガソリン銘柄の統一などもそう。関連性のありそうなものは、かなり試してきた経緯があります。
これまででもっとも効果があったのは、O2センサー。それまで所構わずポンポポン鳴っていたのが、冷間時に限って発生しなくなりました。
ただ、それでもエンジンが完全に温まると鳴り出すし、ガンガン回した後は特に顕著になる状態が続いていました。

プロフェッショナルの方々にも相談しつつ、ここまで付き合って来ましたが、最近はちょっと迷宮入り状態。
ただ、ひとつだけ、当初から原因として疑っていて、手を付けていない部位があります。
大物なので後回しにしていましたが、遂にそこに手を付ける時がやってきました。

2017 05 27 04

そう、インジェクターです。

過去にディーラーで見積を取った時がありましたが、新品は高価で、その当時は費用対効果が測れず見送った経緯があります。
インジェクターという部品自体はそんなにヤワではなく、調整することで復活可能な部品のようですが、それが得意なショップというのも身近になく、後回しにしていました。

ところが最近ASMで、ノッキングをインジェクターで解決した事例を知りました。
それが、中古インジェクターを使用したリビルドに近いリフレッシュ品で価格は手頃、しかもメーカーも旧知のあそこ。
これは試してみる価値アリと判断し、本日交換作業となったわけです。

2017 05 27 05

燃料系をリフレッシュするのは初めてです。
周囲をガソリン臭で犯しながらも、交換自体は1時間少々。

外された18万km走破後のインジェクター(「KEIHIN」の刻印あり)ですが、吐出口は比較的キレイ。
ただ、噴射量や角度は微妙にずれている可能性があり、これが謎の失火現象の原因であれば、交換することで治癒する可能性があります。

2017 05 27 06

交換したリビルトインジェクターは、「G.T WORKS Rebuilt&Tuneインジェクター」。
R style S2000は、ECUをGENROMに変更していますが、その開発元である大分のショップ、G.T WORKS製のインジェクターです。
G.T WORKS製と言っても、代表の源さんがインジェクターを作っているのではなく、中古の純正インジェクターの吐出量と角度を調整し、4本の性能を揃えた形で販売しているもの。
ECUの性能により、源さんの技術はよくわかっているので、安心の選択です。

交換後、エンジン始動。
例のポンポポンは、まったく出ません。
帰り道、首都高の渋滞に参加中も、やっぱり出ない。

これは・・・ひょっとすると・・・ビンゴか!?

積年の課題としてずっと、10万km以上は付き合ってきた不具合事象なので、すぐには確実な判断ができません。
R style S2000納車記念日である5・28、つまり明日、もう一度、定点観測に行きます。
そこで、最終的な確認、評価をしようと思います。

果たして、12年目突入とともに、新たなフェーズへと移行できるのか!? 

 Posted by at 2:42 PM
5月 212017
 

2017 05 21 01

てなわけで、行ってきました定点観測。
舞台はもちろん、ビーナスライン。
今年初ですが、この時期の恒例イベントです。

朝7時には、いつものコースに到着していました。
絶好のコンディション。早朝は霧に覆われることの多いビーナスラインですが、この日はのっけから快晴!素晴らしい空模様です。

2017 05 21 03

昨日タイヤを新調したばかりなので、まずは抑え気味に慣らし運転から。
タイヤの表面をそっと削るようにして走り出し、本領発揮が可能なタイミングを待ちます。

2017 05 21 02

最初のうちはタイヤが浮つく感じで、今ひとつ踏んでいける確信が持てないようなフィーリングでしたが、走行を重ねるうちに、しっかりとしたグリップ感を感じ取れるようになってきました。
路面を捉えて離さないグリップ力。交換前に見られた、アクセルONで巻き込むような挙動はもはや示さず。
どっしりとした重厚感を伴いながら、極弱アンダー、ほぼオンザレールでコーナーを脱出していく。
同じタイヤでも、摩耗状態によって挙動の違いは歴然です。 

そして、タイヤが能力を発揮するのを待っていたかのように、車体を構成する機械の動作のリズムがひとつひとつシンクロし出し、如実に運転しやすくなってきました。
こうなると、もうドライビングハイ。走れば走るほど、ドライビングの精度と走りの豪快さが高まっていくようで、息付く時間も忘れてひたすら練習コースを走り込んでいました。

ふと気が付くと、喉がカラカラ。
濃密な朝練となりました。

2017 05 21 04

エスに乗り出してすぐにここビーナスラインに訪れて以来、今年で11年目となりますが、最初に感じたある種の「乗りにくさ」は、今は微塵も感じられません。
もちろん、ネガティブ要素を改善したことが大きな要因であることは事実ですが、自分自身も「乗り方」を徐々に軌道修正してきたことも忘れてはならない要因です。
ただ、今だにこれが正しい、という乗り方があるわけではなく、11年経ってもまだ手探りの状態が続いているという。。
その奥深さが、S2000というクルマの面白さであり、飽きずに乗り続けられる要因と言えるかもしれません。

2017 05 21 06

とは言え、車体は明らかに消耗が進んでいるわけで。。
走行距離が18万kmを超え、本来の調子をいかにして維持するかがメインテーマになっている現実があります。
長い時間乗り続けていくなら、今後かなりヘビーな整備も視野に入れていかないといけない。
昨年の10周年を節目に、エスと将来的にどう付き合っていくか、というテーマを真剣に考えています。

そんな中での、11年経過時の定点観測。
まだまだ発展途上で、もっともっとドライビングプレジャーを感じさせてくれそうな可能性を改めて感じたことは、収穫と言って良いでしょう。
次週日曜日で、晴れて丸11年を迎えますが、まだまだ、エスとの旅路は続きそうです。

2017 05 21 05

 Posted by at 8:32 PM
5月 202017
 

2017 05 20 01

本日は朝からいつもの浦和のお店にて、タイヤ交換をしてきました。

昨年の3月に交換してから19,000km。
とっくに美味しい時期は終わっていましたが、どうせ四国は酷道のオンパレードなので、そこは古いタイヤで引っ張って(笑)、心置きなく交換と相成りました。

2017 05 20 03

新調したタイヤは、これまで履いてたのと同じく「GOODYEAR EAGLE RS SPORT S-SPEC
前回おそらく3セット目という記述をしているので、これが4セット目、らしいです。
タイヤは毎年のようにどっかのタイミングで交換になるので、よくわかんなくなってきました(笑 

2017 05 20 02

同じモデルなので特筆すべきことは特にないのですが、そこを敢えて2点ほど。

・ 2017年モデルから新コンパウンドに
昨年も「S-SPEC」となり仕様変更がありましたが、今回は特にグレード名称に変更なく、コンパウンドが変更になっているとのことです。
製造元の住友ゴムで、一緒に生産しているモデルの関係かと思います。

・2017年6月から値上げ予定
国内・海外メーカー問わず、来月から一斉値上げとなる模様。(ヨコハマのみ既に値上げ済み)
グッドイヤーも値上げとなり、おおよそ6%高くなるようです。
別に値上げ前を狙って交換したわけでなく、たまたま交換時期がここに来ただけですが、何かラッキー。

2017 05 20 04

いつもながらに丁寧・迅速な作業は、専門店ならではですね。
今日は他に作業中のS2000がいたにも関わらず、メカニックの方総出で交換作業していただきました。(別にプレッシャーを掛けていたわけではない(笑)
ついでに、ステアリングラック不具合の再確認も。いつもありがとうございます。

交換後のフィーリングは言わずもがな。 新品タイヤはやっぱいいですね。しっとりとした乗り心地に、トロケてしまいそう。何度体感しても、毎回トロケます(笑
世の中にはもしかすると、一度もタイヤ交換せずに次のクルマに乗り換えてしまう人がいるのかもしれませんが、一度このフィーリング味わってしまうと、性能低下を感じた時点で交換したくなるはずです。
クルマが生き返ったかのように感じるほど、新品タイヤへの交換は、ドライブフィールに大きく影響するのでね。

 

さて、タイヤも新しくなったことだし、恒例の「定点観測」です。
幸いここのところの天候は概ね良好なので、機会を逃さずに走りに行きたいですね。

 Posted by at 2:59 PM
4月 012017
 

2017 04 01 03

今週末はまたしても冷たい雨。そんな時は、不具合事象の紹介でも。
ここ最近こんなネタばっかですが。。。(レストア日誌みたいだ)

2017 04 01 01

ラジエター横のプラスチック製冷却水タンク。
このフタの可動部から、冷却水が吹き出します。

吹き出しますって、吹き出すとこを見たわけではないんですけど。。
そこそこ振り回した後に、冷却水が吹いた跡が残るんですね。
それによって著しく冷却水が減るわけでもないんですが、気持ち良いものではないので、フタを新品に交換しました。(上の写真は交換後の姿)

正確には、キャップ、ジョイントとワッシャー、それに念の為、タンク内ゴムホースとラジエターに繋がるチューブも新品交換。
全部合わせても、部品代1,000円くらいです。

2017 04 01 02

外した古いフタ部分。
キャップとジョイントの隙間が青くなっているのがわかるかと。
新品になって、すっきりキレイになりました。

もうひとつ。

ここ最近、停止時にステアリングを回そうとすると、パワステ回りからゴリゴリと異音がしてました。
パワステ本体だったらヤだなぁと思いつつ、ブレーキついでに、浦和のお店で点検してもらうことに。

点検の結果、パワステギヤボックスの取付部に、僅かな緩みがあったとのことでした。

ステアリングギヤボックスを固定するブラケットに内蔵される、マウントブッシュがヘタることがあるという話を聞いたことがあります。
緩みのあったボルトは、まさにそのブッシュを貫通するそれで、もしかしたらブッシュそのものがヘタっているのかもしれません。
ただ、増し締めした後は異音も違和感もないので、ひとまずはこれで様子を見ることにしました。(ステアリングを下ろすのはタイヘンなので)

2017 04 01 04

そもそもなんで緩んだかということですが、、このボルト部分に、ASMのフロントタワーバーGTが締結されているんですね。
少なくともこれ付ける時にはしっかり締めていると思われるので、取り付け自体には問題はないのですが、補強部材ということで、応力が集中して、結果的に緩みを生じることになってしまった可能性があるのではないかと。。

補強パーツは、コントロール性能に対し様々なメリットがある一方、車体にそれなりの負担をかけていることを忘れてはなりません。
ステアリング取付部が相当の時間を経て緩むという事象の原因になっていたとしても、ASMのボディ補強パーツのメリットが大きく上回っているので、個人的にはまったく問題視してはいませんが、事象は事象として受け止めて、注視しておこうかと思います。

 Posted by at 5:12 PM
3月 272017
 

2017 03 26 02

本日は終日冷たい雨。真冬みたいな寒さです。
昨日のうちに、走りに行っといて良かった。

自動的にのんびりした日曜日になりましたが、エスをちょびっとメンテ。
とは言え外で洗車できるような天気ではないので、内装をちょこっとだけ掃除したくらいです。

2017 03 26 05

メーターパネルも放っておけば砂埃でエラいことになるんですが、ここって他とは違ってそうそう触る気になれない部分でもあります。
パネルの表面は、柔らかいプラスチックなので、下手に拭くと、却って傷だらけになってしまうから。
なので、普段はエアで砂埃を吹き飛ばすくらいにしてます。(昔は事務機器用のエアダスターを使ってましたが、今はコンプレッサーで)

ただ、やっぱりそれだけだとイマイチ。
触れば触っただけ傷が増えるような気もするので、頻度としては低いですが、稀にケミカルで磨きます。

念入りにエアで汚れを吹き飛ばした後に、新品のウエスで拭き掃除。 
用品店では何やら、メーターパネル専用のケミカルもあるようですが、自分が使っているのはコレです。

2017 03 26 03

プレクサスですね。
これが一番無難なような気がします。

プレクサスは国内に入ってきた当初から愛用しています。
ただ使う部位が限られているので、今だにこれが1本目という、R style garageでは恐ろしくコストパフォーマンスが高いケミカル(笑
主にここに使っています↓↓↓

2017 03 26 04

ウインドディフレクター。初期型ではオプション設定で、いつしか標準装備となった一品。
この透明部分をプレクサスで掃除すると、非常にいい感じに透明感が出ます。

元々S2000業界(そんなのあるのか?)では、プレクサスは初期型の幌のビニール窓を復活させるケミカルとして重宝されていました。
そこから想像するに、ガラス以外の透明部分にはこれが一番ではないかという発想で、ウインドディフレクターと、更にはメーターパネルに至ったわけです。

とはいえ、やっぱり触るだけ傷が増えるリスクも増えるので、たまーーにやるだけにしています。
常に目に入るので気になるけど、気にしない気にしない。

2017 03 26 01

その他にもプレクサスは、無限エアクリのカーボン部分に使えたりとか、困ったらコレ、的な立ち位置のお掃除ケミカル。
この時期(寒い時期)は、粘度が高まってうまくスプレー噴射できなくなるので、少し温めて使うか、ウエスに吹き付けて使うのがコツ。
独特の甘酸っぱい香りが嫌いじゃなければオススメです(笑

 Posted by at 12:09 AM