4月 032016
 

2016 04 03 04

毎度お馴染みの、海外クルマ事情リポート。
しかし台北に関しては、あんまり面白いネタがありません。
というのも、見慣れた日本車ばっかりなので。。

割合的には、日本車8割、ドイツ車2割、みたいな。
特別古いクルマや、変わったクルマが走っているということもなく。
右側通行の左ハンドルを除けば、日本の風景とほとんど変わらないような気がします。

2016 04 03 06

タクシーは、なぜかほとんどウイッシュだったりするけれど。

2016 04 03 05

個人的に一番驚いたのは、EK9(初代シビックタイプR)が走っていたこと。
EK9って国内専用モデルだったとばかり思ってました。左ハンドルのEK9が存在するなんて思ってもみなかった。

滞在中、ただ1台だけの出会いでしたが、自分の乗ってたのと同じ後期モデル。
車高短ながら純正ホイールの良好そうな個体が、台北の街角に佇む風景が泣かせます。(日本に持ってきたら高く売れそうだ(笑)

最初の写真にもあるように、日本ではとんと見かけなくなったEG、EKのシビックがまだ現役で生息してるのが嬉しかったですね。

2016 04 03 07

アジアの都市の例に漏れず、バイクはいっぱい。
マレーシアがカブ系ばっかりだったのに対し、台北はスクーター天国です。街中スクーターだらけ。老若男女誰でも乗ってます。

2016 04 03 08

ブルーシグナル、スタートダッシュの風景がマリオカートみたいだ(笑笑

面白いのが、二段階右折左折が徹底されていること。みんなキチッとしてます。
交差点には二段階左折用の枠がライン引きされている(上の写真の横断歩道の前にある枠)のですが、誰もが左折車は寸分違わずそこに入れて止めます。
街中いたるところにある専用の駐車帯には、行儀よく綺麗に並んで停められ、はみ出してるような者はほぼ見かけない。
むしろ日本人以上にキチッとしてるんじゃなかろうか。。

2016 04 03 09

泊まったホテルの近くにあったバイクディーラー。
中に、KTM 390 dukeが飾ってありました。

イタリア(ローマ)、マレーシア(クアラルンプール)、台湾(台北)と、最近行った国外の首都全部で、390 dukeを見かけたことになります。
日本より異国の方が、よっぽどメジャーな車種ですから。(たぶん)

ちなみに、アルファロメオは1台も見かけませんでした。 てゆうか、イタリア車自体見かけない。日本車以外はドイツ車ばっかりです。
唯一、なぜかマセラティを2台ほど目にしましたが。。

同じくレアなのはビンテージ。 古い街並みに溶け込んでる姿がステキでした。
絵になるクルマは、どんな国でも絵になるものですね。
こういうのこそ、大切にしていきたいものです。どんな国でもね。

2016 04 03 10

 Posted by at 11:10 PM
3月 272016
 

クルマ生活とは関係のないような海外旅行記ですが、同じ「旅」という枠で楽しんでいますので、この版にて今少し報告したいと思います。

国内ツーリングでは、食についての体験記がほとんど抜け落ちているのは御存知の通り。(なぜならマトモに食ってないからだ(爆)
海外では車の運転がない分、食に充てる興味も豊富なわけで、それなりに楽しめてしまうわけです。

台北といえば、まず夜市。暗くなると開店する屋台街のようなもので、市内各所に存在するらしい。
故宮博物館の帰り、士林駅の近くの夜市を訪れ、少し早めの夕食にありつくことにしました。

2016 03 27 01

夜市のエリアに入っても、衣料品中心の路面店ばかり。屋台はいずこ?と思ってると、美食地下街なる表示が。
表示に従って暗い路地裏を突き進み、エスカレーターを降りていくと・・・

2016 03 27 02

士林夜市は、ナイトマーケットというイメージに反する、全天候型の屋台街でした。
これを俗に地下食品街、またの名をフードコートともいう(笑

とはいえ、それぞれの店でテーブルと椅子が個別に用意されていて、店ごとの仕切りははっきりしています。
クアラルンプールのマーケットもこんな感じだったなぁ。

2016 03 27 03

まずはビールで乾杯であろう。マレーシアと違って、お酒が安くていい。
ビールはどこ行ってもTAIWAN BEERオンリー。店によって差はあるけど、大瓶で90元くらい(約400円) 。マレーシアで飲むTiger Beerは、これの4〜5倍はしました(汗
味はまぁ、優しい味ってとこか。

しかし、こういう夜市でビール飲んでるのは、大抵日本人なような気がする(笑

2016 03 27 04

肉あり魚ありで、大変豊富なメニューに目移りしながらも頼んでみました。
台湾には「牛肉麺」というローカルフードがあるけれど、その上に乗ってる牛肉だけ、みたいな一品↑

お店を変えて、異なったメニューをオーダー。
この地下食品街的な夜市では、オーダーシートに自分で記入して頼むシステムらしく、観光客にとっては非常に頼みやすくて実によろしいです。
その代わり、店ごとにあんまり特徴がないっていうのはあるけれど。

2016 03 27 05

外に出てみると、屋台が増えてました。
これぞディープ台湾の食卓。しかし、どう頼んでいいかわからん。

2016 03 27 06

定番のこういうのも食べましたけど、せっかくなので、やっぱ地元民の食堂みたいなトコで、飾らない味を試してみたい。
で、翌日の夜は、見るからにディープな食堂(やや居酒屋っぽい店)に、思い切って入ってみることに。

2016 03 27 07

緊張のためか(笑)、外観を写してなかったんで、内観の写真だけ。
お店のオバちゃんは外国語がまったくダメな上に、毛筆体の文字のみで構成されるメニューが達筆過ぎて、何が何だかまったく判別できない。
システムとしてはどうも、先に麺類を選んで、その後付け合せを選んで、あとは店先にある屋台から好きなの選んで取ってこい、概してそういうことらしい。

2016 03 27 08

わけもわからず選んだ割に、出てきたのはバンバンジーだった。ネギ塩まみれ。これ、めっちゃ美味しい!

2016 03 27 10

主菜の麺。
汁なしのうどんの上に、何らかの具材(笑)が乗ってて、見た目が「ミートソースきしめん」みたいだったが、味の方は当然まったく異なる。
かき混ぜて食せば、果てしなく美味。

2016 03 27 09

オバちゃんがピータンピータンっていうから、日本の中華料理屋みたいにピータンがそのまま出てくるのかと思ったら、炒めものだった。こういう食べ方は初めてかも。

これが衝撃的に美味かった。
今回の台北散歩ベストの逸品。ナンバーワン。絶対。

2016 03 27 11

頼んだものが一気に押し寄せた結果、こんなに賑やかな食卓になってしまいました(笑

胃袋の限界、とギブアップしそうになるが、不思議と箸が進んでしまう、見た目以上に優しい味。
オバちゃんと一緒に、ハオチーハオチーの連呼でごちそうさま。

日本人観光客の多い台北で、最初から最後まで日本人をまったく見かけない店でした。
老若男女、大人数から一人飯まで、いろんな台北市民が訪れる。
ちょっとだけ台湾に溶け込めた気がしました。

 Posted by at 10:30 PM
3月 252016
 

2016 03 16 01

連日時間に追われ、なかなか更新にも手が回らず、早々と台湾の記憶も薄れてきました(笑

海外は毎度のことながら、散々歩きまくりの街角鑑賞。
台北という都市は、何でもない街角の風景の方が、有名な観光スポットよりずっと魅力的な街でした。

2016 03 25 01

アジアの大都会というよりは、日本の都市に限りなく近い台北の街。
でも、ふと視点を変えれば、そこにはやっぱり、見慣れない光景が広がっている。

そういうのをひとつひとつ感じながら旅することは、自分にとって贅沢な非日常体験にひとつなんです。 

2016 03 25 02

2016 03 25 06

2016 03 25 07

2016 03 25 04

2016 03 25 05

台北はまた、「食」の街ですね。いやー食った食った(笑
お上品な飲茶よりも、地元の食堂っぽい店が抜群に印象的でした。

その辺の様子はまた次回にでも。 

 Posted by at 3:39 AM
3月 152016
 

2016 03 15 01

今の仕事を続けて何年にもなりますが、この1年は相当に厳しい。
尋常ではない仕事量を、どうこなしていくか。周囲に例がないほどの、未踏の領域に差し掛かっています。

休日出勤も日常化しつつある中、ストレス発散はやっぱりドライブ!
が基本なわけですが、、先週末はちょっと趣向を変えて、台湾にショートトリップ。週末なんで、行き先は台北オンリー。
何の前知識もなく、ただひたすら歩いて食らう旅だったけど、異文化の街並みを見て感じることは、最良のカンフル剤。

こんなにリフレッシュできるんなら、これからは気軽に行ってもいいかもね。

 Posted by at 11:52 PM
7月 142015
 

2015 07 14 01

マレーシアの旅では、クアラルンプールのほか、ペナン(ジョージタウン)、マラッカという世界遺産の街(ただし田舎)にも訪れました。
都会も田舎もひっくるめた全体的なクルマ事情のイメージでは、国産車が2割、日本車が4割、韓国車2割、欧州車が2割、ってとこでしょうか。

2015 07 14 03

マレーシアにはプロトン(Proton)という自動車メーカーがあります。
1980年代にマハティール首相が推し進めた国産車構想によって設立されたのがプロトン。
歴史は浅いですが、マレーシアの急激な発展に伴って成長を続けていて、今はほとんど自社開発自社生産のメーカーらしいです。
日本じゃ見たことないですが、実はCUSCOブランドで有名なキャロッセが輸入してます。
あ、それとロータスの親会社ってのも忘れちゃいけない。

2015 07 14 04

そのプロトンの、特に3ドアハッチバックのモデルが非常に多く走ってます。
これがまたいい音出していて、存在感はまさしくホットハッチのそれ。
プロトンに限らず日本車でもそうなんですが、軽量ホイール、マフラー、ボンネット、各種エアロパーツでドレスアップしたクルマの多いこと多いこと。
そのイジり具合が、90年代の日本の流行を彷彿させるところがまた泣かせます。

2015 07 14 02

もうひとつ、プロドゥア(Perodua)ってメーカーもありました。
こっちは今回訪れるまで全く知らず、現地の方に教えてもらったのですが、ダイハツと提携しているメーカーだそうです。
なので、ダイハツっぽいクルマを見たら、それがプロドゥア、って感じ。

国産以外ではやはり日本車、その中でもっとも多く走っているように感じるのはホンダ。

2015 07 14 09

アジア生産モデルのシティが非常に多く、次いでシビック(なぜかFDがとても多い)ですね。
日本やイタリアで一番見かけるフィット(向こうではJAZZ)は、ほとんど走っていません。
ホンダに限ったことではないですが、マレーシアではセダンが大定番のようです。(プロトンを除く)

フィットは全然いないのですが、フィットベースのヴェゼルは売れてるみたい。マレーシアでもライトSUVが流行り出しているようです。

2015 07 14 06

ちなみにヴェゼルは、向こうでは「HR-V」として売られてます。
名前が同じだけですが、一時期所有してた初代が今でも好きなので、ちょっと親近感が湧きます。

ホンダ以外ではトヨタとマツダとスズキ、ミツビシかな。日産は人気無いですね。
マツダはCX-5がいっぱい走ってましたね。HR-Vが売れてるのと同じ理由かと。
スズキはスイフトが駆け回り、ミツビシは昔のミラージュとランエボが。
特に古いミツビシは一見よく見かけるのですが、実はエンブレムがプロトン。
設立当初、ミツビシと提携していたプロトンの歴史を物語っていますね。

ちなみに、日本では当たり前のように走っているハイブリッドカー、プリウス、アクアは1台もいません。
唯一、ハイブリッドで複数見たのはコレ。

2015 07 14 08

結構意外。 

2015 07 14 05

韓国車はすなわちヒュンダイで、これがなかなか格好良くて侮れない。
ホンダのシティと同じクラスの小型セダン(上の写真のクルマ。モデル名不明)が、微妙に5ドアハッチバックのような形状で、良いデザインをしてます。

2015 07 14 07

シティも日本のホンダと同じメーカーとは思えない洗練されたエクステリアデザインでした。
この2台、セダンだけどセダンらしくないデザインが、日本に持ってきても結構ウケると思います。
特にホンダは、日本で売ってるクルマのデザインより、アジア戦略車のシティを持ってきたほうが全然スマートでイメージもいいような気がするんですが。

残りの欧州車は、大半がドイツ車でした。
中でもメルセデスが圧倒的。富の象徴でしょうか。先代、現行のCクラス、Eクラスが本当によく走っています。
BMWも3と5が多く走っています。アウディはあまり見かけませんが、TTは例外的に生息してました。

2015 07 14 10

注目の(?)イタリア車。これは非常に残念なことに、全然いません。やはり壊れやすいからでしょうか(笑
ペナン島の海岸線でライムグリーンのガヤルド、KLのショッピングセンターの車寄せでイエローの458イタリアを見たのみ。
アルファロメオは、遂に1台も見かけませんでした。(フィアットも)

2015 07 14 12

道は広いし、ガソリンスタンドも充実しているし、修理工場も洗車場もいっぱいあるマレーシア。
これ以上ない環境に見えますが、これだけ普及しているのにもかかわらず、アレを見かけない。

それは、駐車場

クルマはほとんどすべて路上に停めてあります。
いくらでもスペースはありそうなのに、整備されてないのは何とも不思議。
あと日本と正反対なのが、クルマ優先の車社会。
歩行者優先ではないので、ぼーっとしてると一生道を渡れません。

2015 07 14 11

それでも全体的に見ると、日本に近いクルマ環境って感じですが、運転の傾向に関してはかなり違いが。。

マレーシア人は周囲がよく見えていて、許容範囲の広い運転をします。
交差点や車線変更での絶妙な間合い。あれは周囲の状況を常に把握してないと、なかなかできるもんじゃありません。
高速道路では、スピードが出ない(出さない)クルマは大人しく走行車線を走り、追い越し車線をダラダラ走るクルマは皆無。
目の前でバスが停まったり、駐車のために道を塞いでしまうクルマがいても、後続は大人しく並んで待ってます。
女性も積極的に運転していて、スカーフを被ったマレー系の女性がキビキビドライブしてるのは当たり前。 

運転だけ見てたら、日本よりも成熟してるような気がしました。

2015 07 14 13

こんなこと観察して旅行してるのってヘンかもしれませんが、、、
異国のクルマ事情は、見ていてホントに飽きませんね。

 Posted by at 2:15 AM