1059

4月 252019
 

2019 04 14 01

平成の世も、いよいよ残り一週間を切りました。
改元は二度目の経験ですが、前回とは異なって振り返る時間が十分にあるわけで、ある意味、貴重で幸せな時間を過ごせているような気がします。

新しい時代を迎えるその時は、前例のない暦による大連休の真っ只中。
クルマと旅に明け暮れた平成の世を締めくくり、新たな時代に踏み出すその瞬間は、やはり旅の時間に身を委ねるのが相応しい。

No car, No life.

新しい時代の幕開けは、S2000とともに。

平成時代、最後の投稿となります。
新しい時代が、皆様にとって素晴らしい時代となりますように。

 Posted by at 1:51 AM
4月 212019
 

2019 04 21 01

終わりなき道である、エスの維持管理計画。
今回は、このようなものを交換しました。

2019 04 21 02

パーツ名「コンバーターCOMP.」
いわゆる「触媒」というやつです。

交換の理由は、「壊れた」から。
S2000ではたまに聞くトラブルですが、中のセルが外れてしまいました。
排気を浄化する触媒は減るものではないので、外れても機能しますが、問題なのは外れたセルがセカンダリーO2センサーを叩いて、センサー破損を引き起こしてしまうこと。
結果、正確な排気状態を計測できなくなり、燃料噴射量が狂ってエンジンチェックランプが点灯、となるわけです。

2019 04 21 03

エンジンチェックランプ点灯まではいきませんでしたが、O2センサーの取り付け穴から内部を覗いて発覚。セルがセンサーに当たって、キレイに削れて(変形して)ました。
ここまでセルが変形していたにもかかわらず、O2センサー自体にはほぼダメージがなかったのは不幸中の幸いでしたが。

走ってる最中はゴトゴト音がするほどでもなかったんですが、外して振ってみたら、中のセルは完全にフリーになっている状態。
内側にて点溶接で固定してあるだけなので、何かしらの衝撃で外れてしまうのは予想できなくもない。
こういう状態になったら、他の部位の状態がどうであろうと、交換が吉と判断すべしということで。

2019 04 21 04

こやつが新品です。スポーツキャタライザーではありません。後ろの箱にあるように、正真正銘の純正です。
AP1の純正触媒は、見た目も機能もアフター品さながらというのが定説。オーナーの満足感は、こんなところにも(笑
カバーはそのまま今のを着けるので、見えなくなってしまうんだけど。(つまり、交換前後で見た目変化なし)

20万km超使用してススの張り付いたメタルハニカム触媒を更新したことで、排気がスムーズに流れるようになったのか、純正交換でも多少は変化が。
吹け上がりやや軽くなったというか、滑らかになったというか。表現が難しいですが、そんな感じ。劇的ではありませんが。

積極的に換えるものではありませんが、同種の破損が起こったら速やかに交換したいもの。
なお、部品価格は他と同様に高騰していて、今回の調達価格は10年前価格のおよそ6割増!
もともと高価な部品なので、破損の疑いのある場合は、早めに対処した方が良さそうです。 

2019 04 21 05

 Posted by at 10:49 AM
4月 142019
 

2019 04 14 02

春爛漫。お出かけが気持ちいい季節になりました。
都内の桜は終わってしまいましたが、郊外(ヤマ)に出かければ、まだまだ満開の桜を愛でることができます。 

更新は滞っていますが、ヒマを見つけては(走りに)出かけています。
この時期に走らずして、いつ走る!?

春秋の中間期は、ツーリングのベストシーズン。
その中間期は、昨今の気象変化で極端に短くなりつつあります。
愛車の調子と自分の体調(笑)を整えて、この季節を存分に楽しみたいと思ってます。

 Posted by at 6:45 PM
3月 242019
 

2019 03 24 01

池島の周遊道、県道216号から、郵便局のある角を曲がって枝道に入る。
先には立派な学校があり、その前には島唯一の信号機が。

更に進むと、またしても異様な光景が眼前に現れる。
8階建て高層アパート群。周遊道で見たそれとは異なり、高さによる存在感が圧倒的。
4棟が並んで、壁のように空を覆い隠している。

これは凄いものを見つけた予感。
どんどん進むと、アパート群の中に入っていく道が。。 

2019 03 24 02

ヤバくね?

でも、好奇心が勝ってしまった。
島を走っているクルマなんて皆無。対向車の心配なんて、全くいらない。
夏草をボディに擦り付けながら、そろりそろりと侵入していく。。
後戻りが必要になったら、、、それはその時考えるのだ。

2019 03 24 03

勇気と好奇心(と無謀)の産物は、島に多くの人の生活があった過去を雄弁に物語る景色だった。

2019 03 24 04

2019 03 24 05

入口がどこにあるかもわからないくらい、鬱蒼とした夏草に埋もれた鉄筋コンクリート造の高層アパート。
先程のアパートと異なり、人の気配は全くせず、完全に廃墟と化している。
各棟をつなぐ鋼製のブリッジは朽ち果て、少し足を乗せただけで脱落してしまいそうだ。

2019 03 24 06

2019 03 24 07

海側のアパートの間には、海に向かって降りていく階段があった。その先には炭鉱の施設があるようだ。

2019 03 24 08

建物間に掲げられた看板に「御安全に」と書いてあるのが、かろうじて判別できる。そして裏側には「御苦労さん」。

2019 03 24 09

かつて多くの鉱員たちが行き来したであろう階段。今はその人影はない。

国の繁栄を支えた人々の生活の一端を見る。
今は哀愁が漂うその風景の裏側に、多くの人々が幸せを願い、豊かさを手に入れようとした時代を思い描く。

2019 03 24 10

廃墟に身を置くということは、いまの世がいまの形であることへの感謝、それを創り出した先人たちの汗に感謝をすることなのである。

2019 03 24 11

 

・・・・・・・

 

2019 03 24 12

島をぐるぐるしまくっていても、それほど時間は要せず、滞在時間はほんの2時間と少し程度。それでも十分だった。
本気で楽しもうと思ったら、炭鉱ツアーがあるらしい。実際、船に同乗した観光目的の客人は、ほとんどがそちらに流れていった。
クルマで上陸して自由に楽しもうというのは、自分だけだったことを付け加えておこう。

2019 03 24 13

帰りのフェリーは、同一の発着場から。券売開始を待って、帰りの切符を購入する。
待合室には、島の案内地図が置いてあった。到着時はそのまま走り出してしまったので気付かなかったのだが、最初に寄って事前学習するべきだったかも。
でもまぁ何の知識もない方が、先入観なく見て感じることができて、個人的には満足感得られるわけだけど。

2019 03 24 14

やってきたフェリーに乗船する。クルマはS2000が1台のみ。旅客船というより、渡船である。

2019 03 24 16

2019 03 24 15

行きは瀬戸港から乗船したが、帰りは神浦港行きだ。時間の関係でそうなった。

上陸後、県道57号へ。早速のワインディングロードで走りを楽しむ、が、昼下がりの時刻、エアコン全開のヒルクライムは少々息苦しい。
尾根筋付近まで走って、県道204号にスイッチ。西海オレンジロードへと繋いでいく。

2019 03 24 17

道の駅「さいかい」で小休憩したら、西海パールライン経由で西九州道へ。

2019 03 24 18

かなり飲まず食わずでエネルギーを欲したため、走りながら算段した結果、武雄北方ICで一般道へ。
国道34号をちょっとだけ行ったところにある、この店に滑り込む。

2019 03 24 19

井手ちゃんぽん

何かの本で知って、以来ずっと気になっていたにもかかわらず、訪問できていなかった店。佐賀ちゃんぽんの有名店?だ。
昨日もちゃんぽんで、またかい!というツッコミはおいといて。

2019 03 24 20

オープンなキッチンの周囲にカウンター。その頭上にでっかいメニューが掲げられている。
なんかもう、こういうの見るだけで気分がアガってしまう。つべこべ言わずに食ってみな!と言わんばかりだ。

スイッチが入った?ので、特製チャンポンをオーダー。でっかいコンロで、これまたでっかい中華鍋で調理された結果。

2019 03 24 21

ド級のが出てきました。野菜がどっさり過ぎて、麺にたどり着かない(笑
しかし強烈に美味い。なんだろうこれ。やっぱり炒め方に秘密があるんだろうか。
こってりスープも野菜、麺と絡んで大変美味しい。最初は食い切れるか心配だったが、これがなかなかぺろりと。。

ちなみに九州には同名の店舗が各地に存在するようだが、味が異なり、本店のちゃんぽんは本店でしか食べられないとか。
武雄北方に訪れる理由はそうそうないと思われるけど、これだけのためにルートを変えてしまう魅力がある。いずれまた再訪してみよう。

 

満腹を抱えてエスに乗り込み、武雄北方ICから再び高速へ。
長崎道を東脊振ICまで走って、国道385号へ。トンネルで峠を越えたら、あとは福岡市街、天神目指して一直線。

2019 03 24 22

エスも満腹にするのを忘れずに。明日はいよいよ最終日、東京への帰路が待っているのだ。

天神近くのビジネスホテルに投宿。今回の九州ツーリング、最後はやはり福岡締めだ。
といっても連日の夜の街徘徊と、先程のド級ちゃんぽんで、腹も気持ちも既に満たされ気味。
軽く一杯という気持ちで、宿近くで見つけたビアパブへ。

2019 03 24 25

時間が早過ぎるのか、貸切状態でクラフトビールを楽しむ。
ビールはコストパフォーマンスが悪いので(笑)、あまり長居はできない。さらりと楽しんで、すっかり暗くなった天神の街へ。

2019 03 24 26

道端には屋台がちらほら。フレンチの屋台なんてのもあり、時代に即して姿かたちを変えていくのが文化なんだなぁ、と妙に感心してしまった。
本来、福岡の街に来たら屋台を楽しんだ方がいいのだろうけど、既に満たされてしまったようで、食指が動かない。
セレクトショップを冷やかしで見ていたら、疲れでダルくなってきたので、そのまま宿に帰ることにした。

 

・・・・・・・

 

2019 03 24 23

翌朝、ホテル裏手のコインパーキングで最後のトランク・パッキング。
キャンプツーリングをしなくなった(決して飽きたわけではない)ので、パッキングに気を使わなくともいいのだが、見えない部分にも生活感を出さないのが、マイ・ツーリング・ルール。
オープン・スポーツカーでのグランドツーリングは、それだけで絵になる。そう思われる姿を目指したい。
旅の最終日に思う。今回の旅は、美しい筆跡をもって描かれただろうか。

天神北ランプから都市高速に乗り、福岡ICへ。
ここから一気に帰京するのは初めてではないので、特に新鮮味はない。九州最後のパーキングである、めかりPAでの最後の記念撮影もいつもの通り。(だが、PAの売店は新しくなっていた)

2019 03 24 24

本州に渡って、中国道をひたすら走るのもいつも通り。
何の目新しさもない、はずだったが、実はこの日、運が良いのか悪いのか、こんなイベント?が待ち受けていたのだ。

2019 03 24 27

逆走台風!! 
奇跡の線形を描いた、2018年夏の珍事。(この日は7月29日だった)
関門海峡の青空からはまったく想像できないが、予報通りに行けば、この後この台風の進路に真っ向からぶつかることになるのだ。
果たして黒悪魔号は、夏の反逆者との真っ向勝負に打ち勝つことができるのか・・・!

大阪を過ぎて名神高速に入ってもほとんど天候に変化はなく、嵐の前の静けさという感じ。
伊勢湾岸辺りから風が出だし、新東名に入り、3車線の道を快走していると・・・

2019 03 24 28

あっという間に視界はゼロ。滝に打たれているかのように、雨水が容赦なく車体を叩きつけてくる。
こんな状況でも、日本の大動脈は台風ごときで通行止になったりはしない。(高潮は別)
だからこそ真っ向勝負を挑めるわけであるが。

あまりの雨量の多さに、幌とサイドガラスの接合部(正確には、ウェザーストリップの切れ目)から、雨水が滴り落ちてくる。
これまで雨漏りとは無縁だったエスだが、容赦なく吹き付ける風圧と水量に悲鳴を上げた。
それでもR style S2000は、全天候型ジャパニーズスポーツカーとして、抜群の信頼性を誇る。川のようになった路面でも、矢のように突き進むスタビリティ。
これこそTouring Special Concept。この安定感がなければ、異常気象が続くこの国で、旅を続けるのはままならない。

2019 03 24 29

清水PAで最後の休憩。台風の中心に入ったのだろうか。一時、休戦状態。

2019 03 24 30

東京ICまで、最後の気力で雨の中を走り抜ける。
IC到着はちょうど21時。無事走り切った心地よい疲労感に包まれ、帰宅後はぐったりと眠りに落ちたのだった。

 

・・・・・・・

 

長きに渡ってレポートした、2018年真夏の九州ツーリング。以上でようやく完結です。
8日間の旅の間、最初と最後こそ雨に祟られましたが、それ以外はほぼ快晴。
普通なら喜ばしいことで、こんな恵まれたツーリングはないわけですが、問題はその気温。
真夏なので仕方ないですが、連日35℃付近をマークする中で走り続けるのは、ドライバーにもマシンにもなかなかのストレスでした。

これほどの酷暑の中の連続走行なので、オープンにすることはもちろんハナから諦めていましたが、エアコンも常時フル回転(幌の断熱性なんか無いに等しい)で、日に日に車体にストレスが溜まっていくのが手に取るようにわかる。徐々に車体下部からは異音が・・・
エスには相当の負担をかけてしまいました。(思えば、マトモにエアコンの効くクルマを所有したことがないワタシ)

ひたすら暑かった、しかも走りたかったR448は完走できなかったし(3日目)、というイメージだけだとイマイチなツーリングだった、ってことになるけれど、実のところはそうではなく。
今回、九州各都市に停滞するのが裏テーマ(佐賀を除く(爆)だったのは、たぶんお気付きのことかと思いますが、中でも今回いちばんヒットしたのは鹿児島。2泊してますからね。
日南の飫肥も良かったですが、仙巌園がとても印象的で、帰京以後、昨年の大河ドラマに興味を持ち、幕末の薩摩藩に熱中してしまいました。
その地に行って、初めて身に沁みて感じることがある。旅の醍醐味のひとつであり、旅を続ける大きな理由だと思っています。

今回の総走行距離は、4,015.6km。
走りの要素は少なかったかもしれないなぁ。阿蘇と霧島の2大巨塔に行ってないし。ま、それは次回の楽しみとして。。

See you again, Kyushu.

 

2019 03 24 31

2019 03 24 32

2019 03 24 33

2019 03 24 34

 

7月後半のツーレポを、翌年3月末まで引っ張るという、前代未聞のサボり癖を発揮したにもかかわらず、ここまでお付き合いいいただいた読者の皆様に感謝。
今回のようなスペシャルなロングツーリングは、書く方も多大な労力が必要になってしまい、楽しみにしている方には大変申し訳なく思っています。
昔のように時間が取れるわけでもないので、遅筆は治らないと思いますが、、、これからも素敵な旅と物語を刻みたいと思ってるので、どうかお見逃しなく。。。

 

2019 03 24 35

 Posted by at 7:03 PM
3月 182019
 

2019 03 17 23

【謎の島 迷走中】

あと少しのところで大きく間の空いてしまった真夏の九州ツーリングレポート。
正直書いている余裕などない毎日ですが、意地でも終わらせます。 

7日目の朝、旅もいよいよ大詰め。通勤ラッシュの長崎の街を走り抜け、国道202号へ。
左側に海を望むサンセットロードだが、通勤車両が多い。トラックの数も多く、しばらくは淡々と。
途中のコンビニで朝食休憩とした後、ようやく道行くクルマも落ち着き出した。

2019 03 17 01

陽が徐々に高くなり、容赦ない陽光が降り注いでくる時間になった頃、眺めの良さそうな道の駅があったので立ち寄ってみた。

雲ひとつない青空に気分も上がる、はずなのだが、そんなこと言っていられないくらいに既に暑い。
真夏のカンカン照りの九州を、7日間もドライブし続けるというのは狂気の沙汰に近い。
今回ほどルーフオープン率の低いツーリングは、よほど趣旨替えをしない限り、この先ないだろう。(写真がオープンなのは、もちろん撮影用)

2019 03 17 02

後から写真で見る分には、最高の景色、なんだけどねぇ。(ただひたすら暑いという記憶しかない)

2019 03 17 03

前日の夜に閃いたツーリングプラン。
これから向かうその地を、遥か彼方に望む。

2019 03 17 04

行くぜ、離島へ。

2019 03 17 05

2019 03 17 06

 ・・・・・・・

向かう先は「池島」。長崎県西海市に属する、小さな有人島だ。
島ならゴマンとある長崎だが、「池島」が目に止まった理由は、かつて多くの人が暮らした炭鉱島だったということ。
ご多分に漏れず既に廃坑しているのだが、驚くべきことに、何とまだ人が住んでいる。つまり「生きた廃坑の島」なのだ。

有人島なだけに、自由に往来ができる。
上陸が制限される軍艦島に行けないなら、池島があるじゃないか。(てことに昨晩、居酒屋で気付いた)

小さなフェリーに乗船すると、ものの30分ほどで島に着岸する。
明らかに場違いなオープンカーで、島の道へと走り出すと、のっけから威容な構築物に歓迎を受けることとなった。

2019 03 17 07

発電施設か何かだろうか。
既にその役目を終えて久しいと思われる佇まいだが、それが当然のように完全放置されている状態が衝撃的である。

2019 03 17 08

2019 03 17 09

2019 03 17 10

地図を見ると、小さな島に小さな周回路(県道216号)が巡っていて、島のまともな道路はそれくらい、といった雰囲気である。
まずはそれを反時計回りに周遊してみる。島は起伏に富んでいて、徒歩や自転車だとこの暑さではツラいはずだ。

2019 03 17 11

道路には草が蔓延り、今にも埋もれていきそう。
ただ、使われず朽ちていくような雰囲気はない。不思議な生命力が宿っている。

2019 03 17 12

炭鉱の町を象徴する建造物、鉄筋コンクリート造のアパート群が現れた。
昨日対岸から眺めた軍艦島が有名になったのは、小さな島に所狭しと建てられたアパート群の廃墟が織りなす風景が異様だからだ(たぶん)
この池島にも、その特異な風景が存在していた。

朽ちたベランダの手摺、ツタが絡まり見えなくなりつつある外壁。
しかし、どことなく生気が感じられる。それもそのはず、ここにはまだ住んでいる人がいるのだ・・・!

2019 03 17 13

スクーターが走ってたり(当然のようにノーヘルで)、おばあちゃんが歩いていたりする。
廃墟と見紛うこの建物には、信じられないことに、まだ人の営みが残っていた。

2019 03 17 14

さらにエスを走らせる。
港のある小さな湾口に戻ってくると、不可思議な巨大産業機械が放置プレイ。

2019 03 17 15

2019 03 17 17

2019 03 17 16

石炭を運び出す機械の一部なのだろうが、何かの基地でもあったようにしか見えない。

2019 03 17 18

2019 03 17 19

かつて炭鉱が最盛期だった時代には、忙しく稼働していた機械たちが、今はその役目を終えてひっそりと佇んでいる。ただ朽ちていくのを待つかのように。
そんな異世界とも現実とも判断つかないような場に迷い込んでいく・・・過去と現在、記憶と現実が混ざり込んで、今を見失いそうになる感覚。。
ただひたすらに青い海と空。そしてあれだけ滅入っていた酷い暑さが、現実に繋ぎ止めてくれているかのようだ。

2019 03 17 20

周回路はあっという間だった。
走って楽しいかという次元ではない。周囲に展開する廃墟の景色と青い海原に目を奪われながら走っていれば、いつの間にか元に位置に戻っている。
さながら無限ループに迷い込んだようである。

2019 03 17 22

池島はとても小さな島だが、実は同じ海底炭鉱の島である軍艦島よりもかなり大きい。
軍艦島は、池島港のある穏やかな湾と同じくらいの面積だという。
いかに軍艦島が小さな島かというのが、池島に来てみるとよくわかる。

ちなみに、池島港のある湾は元々「鏡池」という名の池だったらしく、石炭船を停泊させるために浚渫して港にしたそうだ。
島の名前も、池があったというのが由来とか。 

2019 03 17 21

これで池島の見どころは終わりなのか。
いや、この島にはまだ隠された風景がある。
島を周回する県道から、僅かに放たれた枝道。その奥底に入り込んでみるのだ。

(池島エクスプロール、後編へつづく)

 Posted by at 12:28 AM