10月 112015
 

2015 10 11 03

国道389号をしばらく走ると、崎津という集落がある。
この集落の中心部に美しい天主堂があることは、以前天草をツーリングした際の記憶にしっかり刻まれていた。
再訪しようと思って、集落への道へとステアリングを切る。

ところが、集落内は観光客のクルマは進入が規制されていて、国道を挟んで向こう側の観光用駐車場にクルマをデポしなければならなかった。
いつからこんなシステムに?と思ったが、折しもシルバーウィーク真っ只中。天草の観光スポットだし、まぁそれも当然か。

エスを駐車場(というか空き地)に停め、集落のメインストリートをとぼとぼと歩いて行く。
のんびりした時間が流れている。辺境の集落(笑)には、大型連休なんて関係ない、そんな雰囲気。

2015 10 11 01

海沿いの素朴な集落に突如として現れる崎津教会は、そこだけ異空間にするような存在感を示していた。
モルタル色の外壁に控えめの意匠。ステンドグラスの彩色が映える。

五島列島や平戸周辺と並び、教会の多い天草地方。
キリシタンの歴史を現在に伝える建築遺産だ。

遺産ながら教会は今も現役で、内部は信仰の空間として、凛とした空気に包まれている。
どこか日本的な要素もあり、ちょっと公民館的な生活感もあったりするのが面白い。
西欧から伝わった信仰の空間が、長い時間をかけてその地の生活空間と交じり合った結果なわけだが、それが独特の風情を有していて興味深い。

2015 10 11 02

ビックリするくらい多くの観光客が訪れていた。
以前訪れた時は普通の平日だったので、他に訪問客などいなかった。
連休というだけでなく、昨今注目されていることもあるのだろう。

天草に来たら外せないスポットであることには変わりはなかった。

 Posted by at 10:29 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>