2月 132018
 

2018 02 13 01

2月の三連休最終日、いても立ってもいられない感じで、エスを駆り出しました。
真冬の寒気はまだ本州中に猛威を奮っていましたが、もはやそんなことを憂いていても仕方ありません。
走りたいもんは走りたいのです。

この寒さだと、ヤマはどこも路面状態が安心できないので、躊躇なくアクセル踏み込めるエリアは数えるほどしかない。
ここのところビートでは埼玉や千葉方面に繰り出していたので、満を持して伊豆に出かけることにしました。
とは言っても、いつもの朝練ではありません。おヤマは封印して、温暖な海沿いを流すという、軟弱なツーリングです(笑

朝練じゃないということは、早朝頑張んなくてもいいということで、ごくフツーに出発。
久しぶりに出撃するエスは、寒さで固まった関節の節々からガコガコ鳴ってましたが、優しくほぐすようにして各部を馴染ませます。
沼津ICから伊豆縦貫道、県道17号で西伊豆にアプローチという、これまたいつもとは異なる路線。これはこれで新鮮。

戸田、土肥、宇久須、松崎と、西伊豆海沿いをのんべんだらりと流し、マーガレットラインへ。
そろそろ鬱憤も溜まってきていたので、ちょっとだけスイッチオン。
南伊豆のワインディングロードで、久々にBlack Devil号が暗躍です。

2018 02 13 02

南伊豆の到達点はいつも通り、あいあい岬。
快晴で暖かいように見えますが、かなりの強風で、かつ強烈に風が冷たい。

この日は寒さもピークということで、さすがの伊豆もさほど気温は上がらず。
開け放ったルーフからは常に冷たい空気が流れ込んできましたが、久々のワインディングツーリング、ルーフは常に開け放ったまま、ヒーター強めで駆け回ります。

2018 02 13 03

久しぶりに弓ヶ浜にも。
個人的には多々良浜の方が好きで、そっちに訪れることが多かったですが、ま、たまにはね。

2018 02 13 04

ひとまず南端まで来たので、ここからは気の赴くまま、という感じ。
国道136号に戻って南伊豆。これを西に戻るようにして走ると、再びマーガレットライン。今度は逆走。
雲見温泉まで珍しくクリアラップが取れて、ダイナミックにアップダウンを繰り返すワインディングを気持ち良く疾走。
南伊豆では、雲見温泉からあいあい岬までのこの区間が、やっぱり好きだなぁ。 

2018 02 13 05

松崎から県道15号。
途中、これまたかなり久しぶりに、大沢温泉の山の家で日帰り入浴。
露天風呂だけの小さな温泉だけど、源泉がボコボコ湧き出る野趣溢れる雰囲気が好き。さくっと寄るには最適。

国道414号で天城街道、天城越え。
新天城トンネル付近の道路脇には、まだかなり雪が残ってました。
周囲の空気は更に冷たく、立ち寄った道の駅ではジッとしているのがツラいほど。

R136で北上を続け、伊豆縦貫道。これが夕刻の渋滞中のようでノロノロ。
こうなると右足はまたしてもムズムズ。国道1号に切り替えて、箱根峠へ駆け上がる!

気温が低く、凍結の可能性は十分考えられたので、山越えは最小限にと決めていたのに、結局、天城と箱根を越えてしまった。
まぁ朝早くではない時間帯だったから、大丈夫と踏んではいたけれど。
にしても、夕刻の箱根峠で氷点下4℃!エンジンよりも、ヒーターの方が常に全開となってしまった。

あとは箱根新道、小田厚、東名で帰還。
帰宅は20時を過ぎてしまったけれど、真冬にしては満足のいくツーリングでした。

オープンドライブも氷点下となると少々度が過ぎるかもしれませんが、真冬にヒーター掛けてのオープンエアは、やっぱ最高に気持ちが良いですね。
これから花粉の季節になる(涙)ので、案外、今が最高の時期なのかもしれません。

 Posted by at 1:57 AM

  4 Responses to “極寒オープンツーリング”

  1. いつものお山を封印しての伊豆エリア・ドライブは新鮮ですね。
    近頃はほとんど“朝練”目的でしか行かないので、こういう季節だからこそ、たまにはそういうのを棄てて(汗)のんびりと走りに行きたい気持ちになりました。
    ゆっくりと走ると言いつつも、前が空いてしまうとついついペースアップしてしまうもの・・・雲見温泉からあいあい岬までの区間、マイペースで走ることができると本当に楽しいんですよねえ(笑)

    強風吹き荒れるあいあい岬に氷点下4℃の箱根峠(!)コタツでぬくぬくしているにも関わらず、思わずブルブル震えてしまいました。。。

    • 極寒の今冬に相応しい?2月の伊豆ツーリングでした。
      オープンカーは実は冬が気持ちイイというのは、屋根開き乗りであれば共感してもらえると思いますが、さすがに外気温が0℃を大きく下回ると、修行っぽい様相を呈してきますね。グローブと巻物は必須です。

      ここのところ、近場をビートで駆け回ることが多かったのですが、いくらビートが面白いと言っても、S2000はやっぱり別格ですね。ただ流すだけでも、本当に気持ちがいい。
      西伊豆海岸線のようなルートを目的もなく流す、そんな走り方が、長くツーリングを続けていく秘訣なのかなと思ったりもしました。

  2. 真冬のオープン走行は私もSLK時代に堪能しました。一番好きな季節かもしれません。
    ただし、、修行じゃないので、防寒対策をガッツリした上ですが(苦笑。

    真冬の屋根あきが快適という人は、間違いなくオープンカー経験者ですよね。経験したことのない人には想像がつかないようです。
    屋根があかないTTRSは今週末、雪国に特攻してきます。

    • 冬のオープンドライブを楽しむには、防寒の工夫も必須ですね。
      あまり厚着はできません(ジャストフィットのフルバケなので)が、周囲から見て明らかに「寒そう」と思われたくはないので、その辺、わりと考えてます。
      それがまた、冬オープンの楽しみであったりするわけですが。(バイクだとそういう気にもならないくらいキツかった)

      スタッドレス新調されたんですね!
      冬靴履いているのに、いざという時に雪国に行けないのは本末転倒もいいところなので、自分もちゃんと真剣に考えないといけません。。(来シーズン以降)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>