5月 142017
 

2017 05 14 39

翌朝は前日の節制?が実り、予定通り6時にスタート。
ホテルの提携駐車場を出てすぐの、元町交差点でステーティンググリッドに立つ。

2017 05 14 15

正面の青看にある通り、国道438号と国道192号がここから分岐しているように見えるが、実際のR438の起点はこのもう少し東側の徳島本町交差点だ。
徳島本町交差点から元町交差点までの数百メートルは、昨日走っているから良しとして。。

何を拘っているかというと、本日のお題が「国道439号」だからだ。
徳島市起点のR439は、四国の中枢部を横断しながら、終点の高知県四万十市まで続く。
総延長約350kmという四国でも有数の長さを誇る国道である以上に、いわゆる「酷道」の代表格として名高いルートだ。

本日はこのR439を、1日をタイムリミットに走り切ってしまおうという、チャレンジングなテーマを掲げたのだ。
何しろ相手は、日本有数の「酷道」である。そんじょそこらの350kmを走るのとはワケが違う。
しかもマシンは完全オンロード向け戦闘機(笑)、S2000。果たして完走は可能なのか・・・

R192から分岐するR438をそろりと出発。R439は当面の間、R438と重複する。
重複区間の国道番号は通常、若い番号しか表示されることがないので、しばらく439の数字を目にすることはない。

2017 05 14 16

徳島市街はあっという間に抜けてしまい、いきなりとても寂しい道になってしまう。
川沿いの農村を見ながら進んでいくと、佐那河内村という聞いたことのないレア物の村内に進入。
走り出してまだ30分なのに、早くもこんな道。先が思いやられる、じゃなくて楽しみになる(笑

ただ、佐那河内村から隣の神山町の中心部付近に至るまでは、予想に反して概ね快走区間だった。
どんよりとした空に気分は晴れないが、エスのエンジンは軽やかに回り、気持ちのよい排気音がコックピットを包んでいる。

2017 05 14 17

神山でコンビニ休憩。たぶんこれが最後のコンビニになるのでは、という予想から早めのピットイン。
予想は的中で、この先でコンビニを見た記憶は残っていない。いよいよ深層部に入っていく。。。

2017 05 14 18

R439は四国を横にぶった切るルートであるため、結構いろんな国道と交差し、会っては別れを繰り返す。
最初に出会うのは国道193号。高松から徳島南端部までを縦走する国道だが、その大半がR439と同様の狭路。
一瞬の重複を経てまた別れるわけだが・・・

2017 05 14 19

その交差点の寂しいこと・・・てかこれ、国道同士の交差点か?
R439(表示はまだR438)は完全に脇道である。表示がなかったら絶対に入り込まない様相だ。
ここからそこそこの狭路を登っていく。初の明確な峠越えである。

2017 05 14 20

途中の写真がことごとく手ブレしてたので、いきなり峠のトンネル。
トンネル名称の通り、川井峠だ。

2017 05 14 21

トンネルを抜けると、いきなり景色が変わる。高所感バリバリの景色が展開する。
もっと驚いたのは、こんな通るクルマも皆無な峠道の頂上に、「中華そば」の幟の立った食堂があったことだ。(荒川食堂、というらしい)
四国にはよくある風景で、尾根筋や山の斜面にも、平気で人が住んでいる。
何かの本で知ったところによると、元々尾根筋に道があった名残り、ということらしいが・・・

2017 05 14 22

更にもうひとつ、四国ならではの風景。国道の路面に描かれている、距離数字ペイント。
全部に描かれているというわけではないが、結構よく見かける。
災害時などに、上空から特定の地点を把握しやすくするため、というのを聞いたことがある。

峠を一気に下って谷間に出ると木島平。ここで国道492号と離合する。
ここからちょっとだけ2車線の快走路が続いたが、すぐにまた峠道が始まった。

2017 05 14 23

今度の「見ノ越」峠は長い。ウネウネのたうつ山道に沿って、ステアリングを右へ左へと切りまくる。
見ノ越まで◯kmという表示看板がご丁寧に逐一現れるが、一向に数が減っていかない。

2017 05 14 24

何とかかんとか高度を上げてくると、今度は断崖絶壁の狭路である。
それだけだったらまだいい。路面が悪過ぎ。デコボコな上に落石がゴロゴロ。
ある所では、エスでは到底跨ぐことのできない大きな石が道路に落下しており、わざわざ降りてどかさなければならないような状況も。。
いよいよ、R439が牙を剥くのか。

2017 05 14 25

目の前に広がる空が大きくなり、眼下の谷間がまったく見えないほど高度を上げ切ったところで、突如として現れるトンネル。
何気なく潜ると・・・そこには目を疑う風景が・・・

ここで不覚。トンネルの向こうに現れた風景にあんまりに唖然として、写真を撮り忘れることに。。。

何が目の前に現れたかというと、連なる土産物店、大勢の人、クルマ。駐車場(なんと立体駐車場まである)に誘導する誘導員の人々・・・
こんな山奥、峠の頂上に、いきなり観光地らしき風景が現れたのである。さっきの峠の食堂なんて可愛いもの。それまでのハードな道のりを考えたら、全く理解できない光景だ。
言うなれば、「千と千尋の神隠し」のオープニングで、迷い込んだ先に出会う風景。体感的にはあんな感じである(笑

詳しく知らなかっただけなのだが、ここ見ノ越は、四国第二の高峰「剣山」への最短路の登山口なのだった。
連休初日のこの日、しかも午前という時間帯。百名山のひとつでもある山の登山口に人が集まるのは、ちっとも不思議なことではない。

2017 05 14 26

その見ノ越で、遂にR438との重複区間から外れる。
頂上の峠から分岐して、いよいよ(ようやく)R439単独区間。
ちなみにR439はこの後吉野川に下りて、坂出まで至るという謎のルーティングを誇る迷道だ。

見ノ越の下りは、比較的平和だった。
見ノ越登山口には、ほとんどR438の北側(貞光側)から来るクルマがほとんどだろうが、多少はこちらのルートを通って来るクルマもいるということだろうか。整備度合いも、東側とはエラい違いである。

2017 05 14 27

剣山を水源とする祖谷川沿いに下っていくR439。途中で、奥祖谷かずら橋の表示があったので、立ち寄ってみた。
祖谷渓近くの西祖谷かずら橋とは別物。あれのもっともっと奥地に潜む、二重かずら橋である。

2017 05 14 28

と、こう書いてあるので、ずんずん谷間に下りていく。
山深い四国、こういうシチュエーションもあろうかと、トランクにはライトトレッキングシューズを忍ばせている。(そんな悪い道じゃなかったけど)

2017 05 14 29

二重なので、橋は2本あるんだぜい。
ん?野猿とは、はて?

2017 05 14 30

見えてきた。まずは男橋。

2017 05 14 31

まーこんな感じである。
強固な鋼製ワイヤーが仕込んであるのが見えるので、強度的に不安はないというのが、見る人が見ればわかる。
ただ、荷重がかかると揺れる、メキメキ鳴る、足元がスカスカなので、高所が苦手という人には向かないだろう。

2017 05 14 32

自分は、職業柄?この程度なら案外ヘーキである。
子供の頃は、公園のアスレチックすらできないほどダメだったんだけどなぁ。

2017 05 14 33

下流側の渓谷が美しい。祖谷ブルー!?
真夏なら泳いでもいい感じ。

2017 05 14 34

男橋に対して、上流側にある女橋は低い位置にある。
男橋の高さがダメな人は、こちらが吉。 

2017 05 14 35

ところで、最初の案内板にあった「野猿」って何?(猿のいる公園のことか?)って感じだったが、こういったものだった。

2017 05 14 36

両岸に渡されたワイヤーに取り付く簡素な箱。ここに乗って自力で対岸に渡る、いわば人力ロープウェイである。
乗車定員3名とあるが、バランスも考えたら実質2名ではないかと思われる。

2017 05 14 37

ここまで来たら、なので乗ってみたが、なかなかに面白いアトラクションだ。
ロープを引っ張る腕力は思ったより必要なかったが、重力で真ん中まで勝手に動いていってしまうため、途中で疲れたとなったら引き返すことができなくなる。
ま、そんな人あんまりいないだろうけど。

岩手の一関辺りに、客席までこれに団子が乗って運ばれてくる茶屋があったが、人が乗れる(しかも乗り放題)本格的「野猿」(←一般名称らしい)があるとは知らなかった。

2017 05 14 38

こんな景色も間近に見られる奥祖谷の二重かずら橋、R439走破中ながら、なかなかに楽しんでしまった。

 

(長くなってきたので、R439の続きは次回)

 Posted by at 6:21 PM
5月 142017
 

2017 05 14 10

【県道76号(兵庫県) 淡路島南岸の道】

四国四都ツーリング、レポすると言いながらまったく時間が取れず(いつものことだが)、一週間後の遅スタートです。。

出発は連休中日の平日だったので、渋滞の心配はせずやや遅めのスタート。
東京ICから東名に入っても、特別連休的な混み方ではなく、ごく一般的な休日早朝程度の車列だ。

2017 05 14 01

御殿場JCTから新東名に行かず、東名で西を目指す。
エスに乗っていると、力の有り余っている(?)往路は何となく東名、ってのはいつもの通り。
富士川SAで最初のピットイン。ちょうどスタバの開店時間で、一番乗りでコーヒーを買う。(←これを狙って出発時間を決めたようなもんだが)

東名は終始スムーズ。三ヶ日JCT以降も新東名が延長開通したお陰で、まったく渋滞しなくなった。暫定三車線が、元の二車線に戻ってたのは知らなかったが。
伊勢湾岸から東名阪へ。東名阪は平日でもやっぱり渋滞気味。これを抜けて新名神。土山SAで休憩&給油。
ここまで家から422km。長距離ツーリングの時は毎回、距離と給油量を記録に取っているのだが、西行きの場合この区間は毎回同じなので、全く一緒の値になるので面白い。(当たり前か)

2017 05 14 02

草津JCTから名神。東名阪で追い抜いた自衛隊の隊列に追いつく。
装甲車みたいのの集団だったが、この他にも高速走っていいのか!?と思ってしまう戦車みたいのも走っていた。
連休中にご苦労さんです。

2017 05 14 03

京都を過ぎて天王山辺りを走ってると、黒いアルファGTに追いついた。
右ハンドルなので2リッターJTS。前に乗ってた2台と同じグレードである。(なぜか仮ナンバー)
追い抜くと、しばらく真後ろをピッタリとついてきてくれた。しばしのランデブーの後、吹田JCTでサヨウナラ。

中国道から山陽道に入って、淡路島方面へ。明石海峡大橋を渡って、淡路ICで高速を降りた。
橋の麓の道の駅に寄り道。平日だが連休中なので、駐車場は超満員。臨時駐車場へと誘導される。

2017 05 14 04

変わり映えのしない絵だけど、、吊り橋は何度眺めてもいいものだ。

道の駅からは県道31号で、島の北側海岸沿いを行く。
交通量が少ないくらいで、とびきり良い道というわけではないので、県道88号経由で東側の国道28号へ。
洲本の街に入ったところで、しばしの散策。

2017 05 14 05

2017 05 14 06

コンバージョンされたレンガ造の旧工場が立ち並ぶ公園。
洲本市の中心にあり、それなりのシンボルとして活用できそうだが、いまひとつ賑わいはなかった。
表面的な保存だけじゃ、建物も可哀想だよね。

洲本滞在は30分程度。先を急ぐ必要はないのだが、再び走り出す。
この先R28は内陸に入り、面白味のない道になるので、島の南岸を走る県道76号にスイッチする。

2017 05 14 07

由良を過ぎると、完全一人旅。道も本領発揮というところで、走り甲斐のあるワインディングが始まる。
右へ左へ、細かいコーナーの連続。理想的なラインを探しながら次々とクリア。
今回のツーリング、最初のワインディングロード。準備運動には最適だ。

2017 05 14 08

やがて道は海に降りてくる。
そこからは、海際をひたすら走り続ける。海と反対側は山が迫っているので、脇道も建っている建物もほとんどない。
淡路島の裏街道は、生活感のない静かなドライブルートだった。

2017 05 14 09

景色と走りをしっかり楽しんだK76から、県道25号を経由して福良。コンビニでコーヒー(牛乳)小休憩の後、再び高速上へ。
鳴門海峡を渡って、鳴門ICから国道11号。徳島市街を目指す。

2017 05 14 11

初日の本日は、四都のうち徳島県の県庁所在地、徳島市宿泊の予定だった。
事前に抑えていたホテルは、徳島駅の目の前。新築に等しい宿の部屋から外を覗くと、真正面に駅ビルが鎮座していた。

徳島市街にはホテルが少なく、ほとんど選択肢がない。連休中でもあるわけで、この立地のホテルを抑えられたのは幸運だった。
阿波おどりの季節はまったく宿は取れないという話は、全くその通りなのであろう。

2017 05 14 12

さて、徳島の街である。
初日で力も有り余っているのであるが、明日はちょっと気合が必要なルートを考えていたので、早めに床に就きたい。
なので夕宴?は駅周辺で済ますこととする。

適当に検索して見つけた地鶏居酒屋に、開店と同時に入店。
まだ客はそんなにいないのに、料理が出てくるのが異様に遅い。しかも出てきた焼鳥は冷めているという。。
これが地方居酒屋の現実なのか? 

すぐさま見切りをつけて、街をそぞろ歩く。歩くって言っても、範囲が狭くてすぐに終わってしまう(笑
徳島市の繁華街と言われる街は川向こうにあるはずなので、駅前で済まそうというのが無理な話。

2017 05 14 13

二軒目はホテルの足元のカジュアルイタリアンでと相成った。さっきよりマシだけど、ここも長居をするような感じでもなく。。
まぁ明日も早いのでね。

2017 05 14 14

そんなわけで、一日目終了。
二日目の明日、いきなり今回の旅一番のハイライト。冒険に出ます。

 Posted by at 8:48 AM
5月 072017
 

2017 05 07 01

2017年GW、日の並びも良く、満を持してのロングツーリングです。
行き先は、一昨年の秋以来の四国にしました。

これまで、四国は幾度となくツーリングの舞台に登場していて、目新しさはほとんどないかもしれません。
なので、今回はいつもと違うテーマを敢えて据えてみることに。
今回のお題ともなっている「四都」がそれです。

昨年GWに松江を楽しんで以来、「全国県庁所在地の旅」という旅のテーマを立ち上げ、レポにするでもなく密かに楽しんできたというのは既知のこと。
このテーマを四国に適用し、四国4県の県庁所在地の街をベースに、ツーリングを楽しんじゃおうというのが、今回の企画主旨。

松山、高松、高知、徳島。
ここを訪れることをテーマ(ってゆーより「縛り」)にして、走りのルートを組み立てることにしたわけです。
そうすることで、いつもとはちょっと毛色の違う四国ツーリングになるんじゃないかと・・・

ま、そんなテーマを掲げつつも、結局はいつもの如く走りまくりは変わらないわけで。。
かの四国ゆえのスーパーハードな悪路峠越えに、老体S2000の悲鳴が聞こえた気がしました(泣笑
しかし、それだけでは終わらない。山岳ハイウェイでは高らかにF20Cを歌わせ、ざらついた路面にしっかりとラバーを乗せて。。

悲喜こもごもの四国四都ツーリング。
落ち着かない春の天候に翻弄されて、絵はイマイチのオンパレードなれど、走りのステージはフルコースに近い内容かと。
ぼちぼちレポします。お楽しみいただければ幸いです。 

 Posted by at 7:01 PM
4月 292017
 

2017 04 29 01

鷹狩山からの大展望を堪能した後は、県道497号に戻ってそのまま北上を続けることにする。
他に走るクルマにまったく出会わないマイナールート。
集落とも言えないような山間の農村を見ながら、快適に巡航する。

2017 04 29 02

県道31号に当たる角に、美麻の道の駅があった。トイレと缶コーヒー休憩。
K31は長野方面に少し行って、小川村から県道36号。旧道の市街地に入って左に折れるわけだが、ここが毎回わかりにくい。

2017 04 29 03

K36小川〜鬼無里間は、変化に富んで面白い。
最初のうちは、山腹の田園の中を走っているような感じで、どんどんと勾配を上げていきながらも、景色には常に長閑な農村風景が展開する。
満開のヤマザクラが、山肌のあちこち点在している上、足元には黄色い花々が常に目に入る。優しい色彩に包まれながら、ウネウネと走っていく。

2017 04 29 04

後半は、タイトなコーナーが連続するテクニカルコース。
再び一気に高度を落とせば、国道406号。鬼無里交差点を直進して、K36を続ける。戸隠方面へと向かう、これまた素朴な里山の道だ。

2017 04 29 05

これといった特徴があるわけではないが、それが信州の里山を繋ぐ道のいいところでもある。
固有の地形に刻まれたワインディングを堪能しながら、そこにある人の生業を感じながら走る。
R style Touringのコンセプトからすれば、まさにこういった道こそ楽しみのうちのひとつとなり得るのだ。

2017 04 29 06

途中、緩やかな峠に展望台があったので寄ってみた。
何十台ものツーリング中のバイクに占領されていたので、エスは道端に停めて景色を眺める。
この峠を越えれば戸隠なので、戸隠山に遮られて北アルプスは見えなくなるだろう。今回の見納めである。

2017 04 29 08

戸隠は観光地なので、人もクルマも多かったけれど、中社を過ぎたらほとんど誰もいなくなり、奥社を過ぎたら完全に独りぼっちになった。
この辺りは民家のない樹林帯となり、そこにはまだ雪が残っていて、道路以外の地表面は真っ白。トップから流れ込んでくる空気も明らかに冷たい。

2017 04 29 07

僅かなアップダウンを伴いつつ、ロングストレートがこれでもかと続く。
爽やかな樹林帯を貫く超高速コースに挑む。冬枯れてはいるものの、気分はホッケンハイムサーキット!(走ったことないけど)
春が訪れて間もない戸隠の森に響き渡る、F20Cの甲高いサウンドに酔い痴れていると、あっという間に信濃町に到達してしまった。

2017 04 29 09

一瞬国道18号に入って、すぐに広域農道「北信五岳道路」へ。
りんご畑の中を疾走する、高規格農道。なのだが、周辺の人々の抜け道にも利用されているのか、交通量は多かった。

国道117号に交差する所で給油。
この後、どう行こうか迷った。ここまで来たら渋峠を越えることもできるし、千曲川沿いを新潟方面に行くこともできる。
でも、次の日は平日だし、関越の渋滞が始まる前に、素直に帰還することにしよう。
今日は信州の里山を繋ぐ道を大いに堪能したから、それだけで満足なのだ。他の要素を混ぜてしまうと、印象が薄らいでしまう。

信州中野ICから上信越に乗って練馬ICまで。渋滞が始まる寸前という時間帯で、タイミング的にはギリギリだった。
総走行距離は600kmを少し超えたくらい。散歩と言うには、ちょっと足伸ばし過ぎ!?(笑

でもエスとなら、これも散歩のうち。旅って言えるツーリングになれば、また違った走り方がある。
晴れた春の信州散歩。定番になってマンネリしそうだけれど、それどころかいつ行ってもイイ!ので、今後も続けることになるのだろう。

2017 04 29 10

 Posted by at 4:52 PM
4月 262017
 

2017 04 26 06

アルプス展望道路から県道395号の狭路山道を下りて、国道19号に合流。大きく開けた谷間を、しばらく南下する。
この辺りのR19は、高山〜下呂間の国道41号に雰囲気が似ている(といつも思う)

通行止で通り抜けられなかった県道55号にようやく合流できたところで右折。
意外なほど急な山坂道を登坂して、今度は県道497号にスイッチした。ここから北上を始める。

なぜこんなマイナー県道を選んだかというと、この道、地図上で「鷹狩山」の東山麓を通過するように描かれているからだ。
今回、信州を目的にショートツーリングを企画した当初の目的は、この鷹狩山を訪れることだった。
しかし、前回訪れたのがもう何年前かまったく覚えてないほど昔のことなので、アプローチの仕方もほとんど覚えていない。
かつて訪れた時は確か、東側の山麓から登り詰めたような。。。そんなうっすらとした記憶を頼りに、山中の辺境の道を行く。

県道の途中で、見逃しそうな小さな看板を頼りに、分岐で右左折を繰り返した結果、なんとか目的の地にたどり着く。
大昔の記憶の意外な正確さに我ながら感心したが、初めてだと結構キツイかもしれない。
ツーリングマップルにも記載のない「鷹狩山展望台」。その絶景がこちら。

2017 04 26 01

遮るもののない大展望。眼前には北アルプス、後立山連峰の大絶景。
鷹狩山の山頂展望台は、自分の知る限り、雄大な北アルプスの峰々を間近に眺めることのできる展望スポットの中でも、随一の眺望を誇る場所だと思っている。

2017 04 26 02

アルプス展望道路よりずっと近くて眼前に迫り来る3000m級の峰々は、まさに大迫力。
加えてこの時期は、山頂付近に豊かに残雪を残した姿が、また凛々しいことこの上ない。

2017 04 26 03

蓮華岳 かなぁ

晴れることが多く、気温がさほど上がらないために空気もまだ澄んでいて、かつ豊富な残雪を湛えているという各種の条件がそろうのは、この時期ここ数週間しかない。
つまり、この絶景が拝めるタイミングは今しかないのだ。
その極上の絶景を、ここ鷹狩山の山頂から眺める。クルマで容易にアプローチ可能な山岳風景の極上スポットは、全国探しても、これ以上は他にないだろう。

2017 04 26 05

 眼下に広がる大町市街

これだけの眺望が拝めるのは、鷹狩山が、信州大町の街だけを飛び越えて、後立山連峰と対峙するように位置するからだ。
山頂まで至る車道は東側山麓にしかないので、ドライブ途中に北アルプスの風景はまったく見えない。その分、山頂にたどり着いた際に初めて眼前に広がることになる大展望には感動する。

2017 04 26 04

鹿島槍 かなぁ

山好きには、絶対にオススメできる展望スポットが、「鷹狩山展望台」なのである。 

 Posted by at 1:07 AM