10月 262017
 

2017 10 26 02

ファーストインプレッションから間が空きましたが、実際に走らせた印象をレポートします。

ビートをドライブした印象。
何と言っても、遅い!!!(笑笑

とにかく遅いです。660ccの3気筒NAですから、当たり前っちゃ当たり前ですが。
カタログ値64psですが、経年劣化で50ps出てるかも怪しいでしょう。
いくら軽いからって、速いわけがありません。

なので、一生懸命シフトアップしても、全然スピードが乗っていかず、やたらベタ踏みです。
街中から出てしまうと特に、全開率の高いこと高いこと(笑
このシリーズ記事の題名が表している通り、いつでもどこでもフルスロットル!、ってことになってしまいます。

そして、これが異様に楽しい!

どんだけアクセル踏みつけても、出るスピードはたかが知れてるので、バンバン踏んでいけるわけです。
しかも全開時には、3連スロットルと4本出しステンレスマフラーのおかげで、とても勇ましい吸排気音が鳴り響きます。
アイドリング時の軽トラ音はそこにはなく、むしろスポーツカーを駆る高揚感がある。どんどん踏んでいきたい衝動に駆られる。
そんな欲望に忠実に楽しめるのが、ビートの楽しさの源泉なんだということを実感してます。

そんな楽しいアクセル操作に対して、ブレーキはいまひとつ。
剛性はあるのですが、何しろ効きません(笑
こんなに車重軽いのにどうして??ってくらい。

フロントタイヤ径が、今や絶滅に近い13インチなので、その中に収まるブレーキサイズが小さいというのはあるけれど。
でも、何と言ってもビートはミッドシップ。ブレーキ時に前に荷重がかからないのです。(フロントエンジンのクルマに比べて、ね)
その上、ロックまでの許容範囲が狭い。下手なブレーキではすぐにロックしてしまう。ABSなんて当然着いていませんから、場合によってはコワい思いをします。

フロントに荷重がないということは、ブレーキで前荷重をしっかり作ってやらないと、コーナーリングが上手くいきません。
雑なコーナーリングでは、簡単に強めのアンダーが出ます。 

現代のハイグリップタイヤ履いた電子制御満載のクルマに乗っているとまったくわからない世界ですが、ビートは構造が単純で余計なものが一切ついておらず、しかもミッドシップ。
より一層、基本に忠実なドライビングを心掛けないと、上手く走ることができません。

そういった意味では逆に、ドライビング・ジャンキーにはこの上なく楽しいクルマ。
いかに姿勢を制御するかが重要で、荷重コントロールの練習台として最適。
旋回を始めてしまうと、車体の中心を軸にして、駒のようにくるくると気持ち良く曲がってくれて、これがまたヤミツキになるわけです。

 Posted by at 12:02 PM
10月 232017
 

2017 10 22 01

ここ2週間ほど、毎日ずーーっと雨です。
比較的、雨が多い季節なのはわかるけど、ここまで降り続くのは異例です。

そして季節外れの大型台風の直撃。これを書いている今まさに、東京地方は暴風雨。
台風の通過そのものは一瞬ですが、台風によって刺激される秋雨前線が活発に活動するのは困りものです。
せっかく10月の週末は走りまくろうと思ってたのに、計画倒れに終わりそう。

そんな悶々とした日々を過ごしていたところ、魅力的なお誘いが。。

エリーゼ乗りのハリソンさんから、2号車で街中ミーティングしましょうというご提案がありました。
元々、エリーゼとS2000で、ビーナスかっ飛ばそうぜ!っていう主旨だったのですが、問題なのはこの天気。
どう考えても、かっ飛ばすには気分の乗らない空模様っていうのが確実だったので、嗜好を変えて、お互いの2号車でまったりミーティングすることにしたのでした。

ハリソンさんと自分には、3台持ちという共通項があります。
その上、1号車トップガンは走り特化のオープン2シーター、2号車はブルーボディーにクーペスタイルで4人乗り、3号車は単に屋根空き(笑)と酷似しています。
その中で、今回初めて「2号車」というテーマで集まることに。

横浜みなとみらいの某立体駐車場が集合場所。2台の都会的な青い2号車には、ぴったりのシチュエーションです。
待ち受けるハリソンさんの2号車は、泣く子も黙るコレ。

2017 10 22 02

いやぁ、まさかこうくるとは。
今年になって、前2号車のBMW X1から乗り換えられたのですが、これは予測不可能でした。

そして、偶然かわざとなのか(笑)、鮮やかなブルーボディ。

2017 10 22 03

コンパクトなボディに、高性能パワーユニットを載せるハイパフォーマンスマシン、アウディS3。
しかも、敢えてのセダンモデルです。流麗なクーペスタイルのセダンにメタリックブルーのボディが、タダモノでない感を際立たさせている。
コンサバティブにハッチバックボディにしなかったハリソンさんのセンスは流石です。

2017 10 22 04

こちら御存知、愛人様。
お肌の艶に関しては、新車のS3にはどうしたって敵いっこないですが、その艶めかしいボディラインは健在です。
まだまだ若い娘には負けていられない。もはや熟女の貫禄です(笑

2017 10 22 05

立体駐車場の外は降りしきる冷たい雨で、連れ立ってのドライブには到底向かない状況だったので、駐車場で2台の青いクルマを眺めながら、時を忘れてのクルマ談義。
こういう時間は本当にシアワセですね。普段の生活、仕事をしている時は、クルマとはまったく関係のない世界ですから、全然話題にする機会がない。
それが週末、同じ趣向を持った方との積もり積もった愛車ネタの会話は尽きることがなく、それでいて最高に楽しいわけです。

2017 10 22 07

2時間程立ち話(汗)した後、近所のカフェに徒歩で。クルマのミーティングとは到底思えない行動です(笑

ここでも飽きずに、愛車談義。
ハイテクマシンS3の実際や、エリーゼや3号車DS3の今後についても、興味深いお話をいただきました。
自分の方も3台のクルマたちの近況や、ここでは語っていない実情や将来的なことなどを・・・

2017 10 22 06

そうそう、ハリソンさんのエリーゼの前の1号車は、V6のアルファGTです。
元はと言えば、アルファGTとツーリングという共通項があったからこそ、お知り合いになったのでした。
そういった経歴もあり、自分にとっては大先輩。愛人様の調子がいかほどのものか、ハリソンさんの眼にはどのように写ったのでしょうか!? 

2017 10 22 09

今日は目の前メタリックブルー1色で、いつもの白黒とはえらい違いの絵ですが(笑)、これはこれで面白い。
ただ走れていないので、そこは欲求不満。リベンジを約束し、この日は解散しました。

雨の日のクルマの楽しみ方。考えようによっては、こういうスタイルもあると思っています。
走るだけのミーティングもいいですが、都会を背景として愛車を仕上げて、それを愛でるカーライフスタイルに思いっ切りこだわってみる、っていうのも、またひとつの楽しみではないでしょうか。

2017 10 22 08

 Posted by at 1:14 AM
10月 162017
 

2017 10 16 01

ツーリング時のドライビングシューズとして、個人的にすっかり定番化したnegroni(ネグローニ)
いろいろと回り道をしましたが、いまはこの国内ブランドのドライビングシューズがマイベスト。
あらゆるシチュエーションで活躍する、素晴らしく優れたコンセプト&デザインのドライビングシューズです。

そのnegroni、ソール張り替えメンテナンスをメーカーに発注したりしていますが、夏も真っ盛りの頃に、今度はフルオリジナルで製作オーダーをかけていました。
オーダーしていたことをすっかり忘れかけていた(笑)今月始めになって完成。手元にやってきたのがコイツです。

negroniは、既存モデルのデザインで、各パーツのカラーリングを自由に選び組み合わせることができるオーダーメイドが可能です。
オーダーメイドっていうと値が張りそうですが、実はエキストラコストは数千円。さすが国内メーカーで自社工場で生産しているだけあって、小回りがききます。
機会があれば、自分好みのデザインでつくりたいなと思っていましたが、そのチャンスがあったのでオーダーした次第。

negroniの中でもベーシックで、個人的にもっとも気に入っているIDEAというモデルをベースに、各パーツのカラーをセレクトしました。
カタログモデルのIDEAは、複数カラーのレザーを組み合わせてあるのがほとんどですが、自分がオーダーしたのは敢えての単色構成。
サイドの「n」のロゴもベース色と同化させて、ごくごくシンプルなデザインにしました。

フルオーダーだとかなり多くの色のレザーが選べ、いろんな色を複数組み合わせてオリジナルを作ってしまうことが多そうですが、これはその真逆。
そのかわり、シルバーという個性的なカラーのレザーをセレクトしました。
結果、ベーシックで種類も多いIDEAの中でも、他にはない個性が感じられる1足になったのではないかと。(ニューバランスみたいだ、という声もありますが(笑)

シルバーはそれほど派手ではなく、落ち着いたグレーに近いので、ちょっとモードっぽいテイストにもマッチしそう。ドライブの楽しみがまた少し増えました。
目下の問題は、雨降りばかりの週末で、コイツを下ろす機会がなかなかないことですね。

 Posted by at 2:30 AM
10月 152017
 

2017 10 15 01

今年の夏に交換したプロペラシャフト、非常に具合がイイです。

それほど致命的なガタつきではなかったので、交換した効果がわかるかどうか微妙だと思ってましたが、激変、とまではいかずも、かなり乗り味が変化しました。
ツーレポの中でも書いていますが、何てゆーか「まったり」した感じ。

こう表現すると、何だかエスの鋭いレスポンスがスポイルされているみたいに聞こえますが、決してそういうことではありません。
まったり=駆動系全体の質感が上がったような感じで、非常に洗練されたフィールになったということ。
ガタガタ、ギクシャク、といった動きが明らかに出づらくなり、ダイレクト感は十分保ちながらも、上質な回転フィールが常に伝わってくる感じです。

2017 10 15 04

また、運転時に車内に伝わる駆動音にも変化が。

停車時にクラッチを切っていないニュートラルの状態で聞こえていたカラカラ音が、ほとんど聞こえなくなりました。
この音には複合的な要素があって、プロペラシャフトだけでなくクラッチ、ミッションなど、様々な原因があると思いますが、ペラシャだけでも相当の変化が感じられます。
走行時の駆動音も低減されていると思う(これは正直、聞き分けられないですけど)ので、停車時も走行時も全体的に無駄な音が減ったことが、上質感を感じる要因になっているのではないかと。 

2017 10 15 02

2017 10 15 03

18万km超を走破したことによってガタツキの増えたプロペラシャフトを、AP2純正新品に交換したのが、今回のリフレッシュポイント。
シャフト径に変化はないものの、フランジ部分が強化されたAP2用を流用することで、剛性と耐久性をワンランク上げる方向のリフレッシュです。

さっきから載せている写真は、外した18万km超使用のAP1用プロペラシャフト。
見た目に不具合は一切ありません。しかし装着時のガタツキ幅は、それなりにありました。

一応、お古は持って帰ってきました。
使うアテは今のところまったくありませんが、 いつか新品パーツがなくなってしまった時のために、ガレージの肥やしにしときます(笑
少なくとも、ダブルオフセットジョイント部分をO.H.すれば使えるようになるわけなので、興味本位でチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

 Posted by at 7:53 PM
10月 142017
 

2017 10 14 01

89ersとのツーリングで、輪島に宿泊した翌日。
若者たちは当初より仕事や約束の予定があったため、宿の駐車場にて解散。
特に予定のないヒマな自分は、せっかくなので能登半島を軽く走ってから帰ることに。

こっからは、いつものソロツーリングです。

・・・・・・・

それほど早くない出発だったので、国道249号には地元カーがのんびりと走っている。
こちらものんびりとそれに付き合い、外浦の景色を楽しみながら走っていく。

2017 10 14 02

千枚田の駐車スペースは、自転車競技のか何かの中継所に仕立てられていて閉鎖中だったので、ひとまず窓岩のポケットパークまで来た。
空はどんよりとしており、停車して休憩していると、ポツポツと大粒の雨が落ちてきた。
急いでルーフをクローズ。ただ、その雨もすぐに止んでしまって、以降は降られることはなかった。

内陸に入って珠洲へと向かうR249に別れを告げ、県道28号にスイッチ。
K28から半島の先端まではワインディング。豪快な地形に挑みかけるようにアクセルを踏み込む。 

2017 10 14 03

木ノ浦の展望台から、いま登ってきたワインディングロードを見下ろす。
能登半島でのこの手の景色は、輪島より西側の外浦海岸で多く、半島の先端付近はこの辺りに限定される。

2017 10 14 04

椿茶屋は朝早過ぎて、まだ開店前。
木ノ浦と言えば、「二三味珈琲」という有名な焙煎所がある地区なのだが、そのことをすっかり失念していた。
この後、二三味珈琲直営のカフェにて、リベンジを果たすことになるのだが。

木ノ浦から半島先端の狼煙(のろし)まではすぐ。
狼煙の禄剛崎駐車場は、道の駅になっていた。
売店が既に開店していたので偵察。品揃えが良く、ここで土産を調達することにした。

禄剛埼灯台は何度か来ているので、今回はパスしようかと思ったのだが、何しろ10年ぶりだ。
しかも青空が広がってきたので、行くしかあるまい、と岬へと出発。徒歩で数百m、遊歩道の坂を登っていく。

2017 10 14 05

禄剛埼灯台、の後ろ姿(笑
この角度からの写真を載せる人は、そうそうおるまい。
朝来ると、いちばん絵になる角度が逆光になるので、敢えての掲載。
それにいつも同じ構図でも、面白くないでしょう?

2017 10 14 06

淡く軽やかなブルーに染まった空と、深遠な日本海ブルーの対比。地球と宇宙を隔てる真一文字の境界が美しい。

2017 10 14 07

岬にお決まりの距離表示も、どこかフォトジェニック。

10年ぶりの禄剛崎灯台には、特に何の変化もなかったように思えるが、色鮮やかな景色を眺められたので、わざわざ歩いて来て良かった。
晴れた日に来たのは、もしかしたら初めてのことだったかもしれない。

2017 10 14 08

駐車場に戻ると、かなりクルマも増えて人の数も多くなってきていたので、そそくさと退散。
K28を、半島先端の地形に沿って周遊。途中、低速コーナーが連続する区間が現れたり、どかーーんと抜けるストレート区間があったりと、結構変化に富んだ道。
七変化のルートを楽しんでいると、いつの間にか珠洲市街。ここで再びR249に合流。

2017 10 14 09

珠洲市街で、さっき木ノ浦で立ち寄り損ねた「二三味珈琲」の直営カフェに寄った。

能登半島の先端近く、船小屋を利用した小さな焙煎所である二三味珈琲は、最初どこで聞いたのか忘れたが、なぜかずっと記憶に残っていた。
木ノ浦の焙煎所はあくまで「焙煎所」であり、基本的に店頭販売はしていないそうだ。
店頭では、金沢にある雑貨屋「コラボン」で取り扱われていて、金沢に訪れた際に、毎度ここで二三味珈琲の豆を調達している。
また、東山にあるブックカフェ「あうん堂」では、二三味珈琲の豆を使ったコーヒーが頂けるので、立ち寄ることがある。

今回、不覚にも船小屋には立ち寄り損ねたが、直営カフェにてオリジナルの「船小屋ブレンド」を購入することができた。(さすがにここでは店頭購入可能だった)
あわよくばカフェでコーヒーを、と思ったが、超満員。都会から遠く離れた地方の小さな都市で、この混雑具合はやはり只者ではない。

ちなみに二三味珈琲は、映画「さいはてにて」のモデルになった焙煎所である。それで知ったんだったかなぁ?

 

R249を内陸方面に走って、珠洲広域農道へ。

この広域農道、素晴らしくスペシャルなハイスピードコース。
能登半島の背骨部分をこれでもかと削り取って、緩やかにアップダウンを伴う高速コースに仕立て上げられて?いる。
逆方向にこの道+県道57号を使うと、能登空港から珠洲までマジであっという間なので、ある意味、能登高速自動車道の役割を担っているとも!? 

その割に交通量極少、あまりにもスピードレンジが高いので、節度のある走りができる向きにオススメすることにしよう。

珠洲広域農道、県道57号桜峠、県道26号と繋いで、能登空港ICから能越自動車道、穴水からはそのまま、のと里山海道へ。
のと里山海道は、旧能登有料。実はこの道、有料道路時代から一度も走ったことがなく、今回がまったくもって初めて。
信号がないのはいいが、淡々と進む単線の道路ということで退屈そうだったから敬遠していたのだが、今回走ってみて、無料化されていようがそれは変わらないことがわかった。
有料じゃなくなったことで、むしろ交通量が増えて、やたら眠気を誘う道。結構頻繁に追い越し車線が現れるのだけは救いだったが。。

結局、旧能登有料(←北陸人としては、この名称の方がしっくりくるなぁ)は千里浜ICまで走った。
ここで普通なら、千里浜なぎさドライブウェイだぜ! となるところを、脇目も振らず反対方向へ(笑
国道415号と羽咋広域農道を経由して、県道29号へ。

地図とにらめっこしていて、たまたま見つけた良さげな道。砂浜を走るより、やっぱりワインディングロード!
羽咋から高岡に抜ける超マイナーな峠道といった風情で期待したが、果たして期待通り。とっても楽しいワインディングだった。

2017 10 14 10

継ぎ目の多さとざらついた路面に、思わずパンクしたのか!?と思って確認するほどの荒れた感触だったが、それも最初だけ。
基本は里山の集落を繋いでいるような道なのだが、そこそこ気合いの入るコーナーが連続し、それが延々と続くからつい熱中してしまう。

たまに軽トラに追い付いてしまうこともあるけれど、そこは上手くやり過ごしてアクセルオン。
いやいや、こんなところにこんな道があったとは。能登半島の付け根部分は案外空白地帯だから、これはちょっと興味がそそられるなぁ。

そうやっているうちに、いつの間にか高岡へ。
高岡からは、県道57号で小杉。小杉ICから北陸道に一旦乗る。
呉羽PAで休憩後、朝日ICまで走って国道8号。ペースの上がらない富山平野部をショートカットしたわけだ。

R8で親不知。フリーで走れれば、ジェットコースター感満載の素晴らしい道なのだが、あいにくこの時間ではそうはいかない。
隊列組みながら走って、親不知の道の駅へ。
連休中とあって超満員だったが、道の駅の裏手の駐車スペースでは、海の風景を静かに堪能することができた。

2017 10 14 11

いつの間にかまた雲が広がって、暗くなった日本海。陽もずいぶんと傾いてきた。

R8で糸魚川を過ぎて走っていると、猛烈に眠たくなったきた。
いくら景色が良くても、延々と隊列に付き合わされることで、どうしても眠気が助長されてしまう。
無理に抗せずに、能生の道の駅で小休止。少し目を閉じているだけで、その後がずいぶんと違う。

上越で給油後、国道253号。
ほくほく線に沿って走るほくほく街道は、上越〜六日町を比較的短時間で抜けることができる有用な道。(60〜70kmくらい)
既に陽は落ちて、急激に周囲は暗くなっていったが、オープン状態のまま豪雪地帯の山道を疾走。
前走車がいなくなったところで、ワインディングを思いっ切り楽しむ時間もあったが、帰宅を急ぐクルマたちに阻まれて距離を稼ぐ時間が多かったのは仕方がない。

六日町ICから関越道へ。
連休中日だったし、この時間からなら、いつもの渋滞区間はさほど問題にはならないだろうという予測は大いに外れた。
本庄児玉ICの先で渋滞30km、その手前、渋川伊香保IC付近では事故渋滞と来ている。

ただ時間的には、しばらく待てば解消に向かうはずなので、塩沢石打SAで夕飯を食べたりしながら、1時間ほど時間を潰した。
満を持して出発。渋滞はまだ残っているようだったが、それほど酷いことにはならないだろう。
それより、開け放ったままのルーフから注ぐ秋の風が、たまらなく心地良い。

この時期、夜のオープンドライブは本当に最高だ。
程よく響くエキゾーストノートと、ビートの効いたエンジンサウンド、まったりとしながらもダイレクト感あふれる駆動系の感触が全てが高次元にバランスされて、官能的とも言えるドライブフィールに酔い痴れる。
それは決してワインディングだけでのことではなく、こうして高速を流しているだけでも感じられるところが、R style S2000 の真骨頂といえるかもしれない。

渋川伊香保IC手前の、関東平野に降り立つ下り坂で渋滞開始。駒寄PAを過ぎる辺りまで続いたが、それほど大変なものではなかった。
また、本庄児玉IC以降の渋滞も、通過する頃にはかなり短縮されていて、ほとんど気にならない程度の距離で済んだのは幸いだった。

・・・・・・・

そんな感じで、10年ぶりの能登半島ツーリングは終了。
1日目はマスツーリング(って言っても3台だけだけど)、2日目はソロツーリングという、いつもとは違った形態だったが、秋のツーリングの面白さをギュッと凝縮した内容に大満足。

ツーリングベストシーズンである今現在、時間が許す限り走りに出かけたい。
天気予報とにらめっこする毎日が、しばらく続きそうである。 

 Posted by at 5:55 PM