4月 032016
 

2016 04 03 04

毎度お馴染みの、海外クルマ事情リポート。
しかし台北に関しては、あんまり面白いネタがありません。
というのも、見慣れた日本車ばっかりなので。。

割合的には、日本車8割、ドイツ車2割、みたいな。
特別古いクルマや、変わったクルマが走っているということもなく。
右側通行の左ハンドルを除けば、日本の風景とほとんど変わらないような気がします。

2016 04 03 06

タクシーは、なぜかほとんどウイッシュだったりするけれど。

2016 04 03 05

個人的に一番驚いたのは、EK9(初代シビックタイプR)が走っていたこと。
EK9って国内専用モデルだったとばかり思ってました。左ハンドルのEK9が存在するなんて思ってもみなかった。

滞在中、ただ1台だけの出会いでしたが、自分の乗ってたのと同じ後期モデル。
車高短ながら純正ホイールの良好そうな個体が、台北の街角に佇む風景が泣かせます。(日本に持ってきたら高く売れそうだ(笑)

最初の写真にもあるように、日本ではとんと見かけなくなったEG、EKのシビックがまだ現役で生息してるのが嬉しかったですね。

2016 04 03 07

アジアの都市の例に漏れず、バイクはいっぱい。
マレーシアがカブ系ばっかりだったのに対し、台北はスクーター天国です。街中スクーターだらけ。老若男女誰でも乗ってます。

2016 04 03 08

ブルーシグナル、スタートダッシュの風景がマリオカートみたいだ(笑笑

面白いのが、二段階右折左折が徹底されていること。みんなキチッとしてます。
交差点には二段階左折用の枠がライン引きされている(上の写真の横断歩道の前にある枠)のですが、誰もが左折車は寸分違わずそこに入れて止めます。
街中いたるところにある専用の駐車帯には、行儀よく綺麗に並んで停められ、はみ出してるような者はほぼ見かけない。
むしろ日本人以上にキチッとしてるんじゃなかろうか。。

2016 04 03 09

泊まったホテルの近くにあったバイクディーラー。
中に、KTM 390 dukeが飾ってありました。

イタリア(ローマ)、マレーシア(クアラルンプール)、台湾(台北)と、最近行った国外の首都全部で、390 dukeを見かけたことになります。
日本より異国の方が、よっぽどメジャーな車種ですから。(たぶん)

ちなみに、アルファロメオは1台も見かけませんでした。 てゆうか、イタリア車自体見かけない。日本車以外はドイツ車ばっかりです。
唯一、なぜかマセラティを2台ほど目にしましたが。。

同じくレアなのはビンテージ。 古い街並みに溶け込んでる姿がステキでした。
絵になるクルマは、どんな国でも絵になるものですね。
こういうのこそ、大切にしていきたいものです。どんな国でもね。

2016 04 03 10

 Posted by at 11:10 PM

  2 Responses to “台北クルマ事情”

  1. 私は海外に行ったことが無いのですが、異国の地で、かつて自分が乗っていたクルマを見るのは何だか不思議な感覚とか嬉しい気持ちになりそうですね。
    それにしても、スクーターの台数が多いこと!
    それでも(現地の皆さんに失礼ですが)ルールがキチッと守られているというのが意外でした(笑)

    • 海外に行くと、目にする景色はまったく異なって刺激的なんですけど、こと交通環境に関して観察していると、不思議と親近感を覚えるから面白いです。それだけ日本車が世界中で普及してることを目の当たりにするってことなんですけどね。

      台北の交通環境はとても整然としていて、みんなルールをしっかり守って運転してましたよ。あまりにキチッとしていて、自分も意外でした。
      これがお隣の大陸に渡ると全然違うんでしょうけど(笑

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>