10月 142013
 

R341を北へ行き、鹿角に入る前にR282を安代方面へ。
東北道と花輪線に並行して走るこの道は初走行だったが、R341から継続してバイクの集団に先導される形となり、イマイチな時間だった。

安代から県道6号。やや走って県道181号へと乗り継ぐ。 このK181道前浄法寺線から、大規模林道を経由して国道104号、十和田湖へと抜ける画策をしていた。

2013 10 14 04

この林道は、ツーリングマップルにも明確な名称の記述はなく、絵としてぶっとい道が田子内から遠瀬を通って山口へと抜ける(全てTM記載の集落名)のが描かれているだけ。途中で牧場を通過するような道筋で、あとは取り立てて特徴も見られず、普通なら入り込むこと自体躊躇うような道なのだが。

この大規模林道を走ってみるきっかけとなったのは、ロングツーリングクラブのモリタさんのレポートから。(開設から14年もの歴史がありながら、今でもHPをベースにツーレポを継続されている。4輪から2輪に変わってしまったけど、この業界(?)では歴史、レポの質共にトップクラスのサイトだと思う)

先人の詳細なレポがないと、さすがにエスでは冒険できない類の道だ。

2013 10 14 01

果たしてその林道とは、素晴らしく豪快に走りの楽しめるワインディングロードだった。 雨だったのが残念だったけど、誰もいない、走っていようはずがない3桁県道の支線。
林道にちっとも似つかわしくない全線2車線の山道だが、これが楽しくないはずがない。

2013 10 14 03

路面には落ち葉が堆積(誰も通らない証拠か)し、お世辞にもキレイとは言えないけれど、舗装自体は新しい。 登ったかと思ったら下ったりの繰り返しで、目的地があってどこかに通じようとしているとは到底思えないルーティングが新鮮過ぎる。

2013 10 14 02

牧場をぶった切るようにして丘を行く。これ、晴れてれば超気持ちイイに違いない。 昨年の北上山地の時と似たような体験だけど、東北にはまだまだ絶景の道が埋もれているような気がする。

謎の大規模林道を走破し、R104号へ。これを十和田湖方面に走り、途中、県道128号で田代平を通過。雨が上がってルーフを開けた状態でハイスピードクルージング。

2013 10 14 05

国道454号で外輪山を越えて十和田湖入り。前走車に捕まって、雨も再び降り出したので、ルーフをクローズド。結局この時を最後に、今回のツーリングは一度も屋根を開けることは叶わなかった。

せっかくの十和田湖も、強い雨によって視界は遮られていた。周回路で一周してみるものの、雨足はどこまでも強くなる一方で、クルマの外に出ることすらままならない。おまけに次の街まで足りると踏んでいた燃料が底を尽きそうだ。(八幡平で頑張り過ぎ)
燃料問題は、奥入瀬からゴールドラインに入る交差点の給油所で継ぎ足すことで事なきを得たが、雨量はいかんともし難い。

2013 10 14 06

ゴールドラインも淡々と走る他なかったが、このエリアで何のイベントもないのも寂しすぎるので、久しぶりに谷地温泉に寄ってみた。

八幡平と並んで、秘湯の一軒宿の宝庫である十和田八甲田エリア。そのうちのひとつで、こういうツーリング途中のちょっとした入浴に特にオススメなのが谷地温泉。ゴールドラインの要所にあるにもかかわらず、いまだ湯治宿風情を色濃く残す。
以前訪れた時より入浴料が値上げ、更に混浴が別浴になってて驚いたが、まったり絡みつくような泉質は健在だった。底から湧き出る温い方の湯が特に良い。いまだオススメなのは変わらずだ。

2013 10 14 07

温泉から出ても、豪雨は相変わらず。建物から離れたエスに戻るのも決死の覚悟が要る。
もう走ってても仕方ないので、ちょっと早過ぎな感じはしたが、山を下りることに。 城ヶ倉から国道394号。黒石に出て、国道102号を弘前へ。

さすがにこんな天気で野営もないので、弘前城近くのビジホにちょっと早いがチェックイン。近所にあった本屋で時間を潰した。 弘前だって見所はいっぱいあるのに、勿体無かったが、この雨じゃあね。

TVのニュースは台風の話題で持ちきり。本土上陸は避けられない様相。
明日で休日も終わり。台風との対決は避けられない・・・さてどうなることやら。

 Posted by at 10:18 AM
10月 132013
 

しばらくエス(と自分)をクーリングしてから、樹海ラインを引き返す。
登りもまったくもってして他車と会わず。完全専有。なんて贅沢。観光地の八幡平、これだけの大規模ワインディングでこんなこと、そうそうあるもんじゃない。

紅葉時期には渋滞するようなワインディングで、贅沢極まりない時間を過ごした。
今回のツーリングは、昨日の鳥海高原とこの日の八幡平で、もう十分成功を収めたようなもの。大満足だった。

2013 10 13 01

藤七温泉まで登ってきた。
早い人はそろそろ宿を出る頃だろう。入れ違いに温泉に浸かるのもいい。

2013 10 13 02

どんより曇っていて、今にも降り出しそうな空は、まだギリギリ持ちこたえてくれている。
いつまでもオープンドライブを楽しめる保証はないので、今のうちにできる限り走っておくことにして、藤七温泉を通り過ぎる。
見返峠からアスピーテラインに復帰。秋田県側へと下りていく。

2013 10 13 03

秋田県側には、しばらく高所特有の景色を楽しめる区間が続く。いつも夏まで雪が残っている区間だ。
クルマが通らないことをいいことに、しばし路上で散策を楽しむ。聞こえるのは風の音だけ。

つづら折れのコーナーをクリアしたら、樹林帯に切り替わる。その切り替わり地点に、蒸ノ湯温泉への分岐がある。
八幡平の大自然を感じながら露天風呂を楽しみたい!のなら、オススメはこの蒸ノ湯温泉「秘湯ふけの湯」。一度宿泊してみたいが、訪れるのはいつも入浴のみ。
露天風呂が点在する窪地を、アスピーテライン上の展望台から見下ろすことができる。眺めてトイレに行っていたら、遂に雨粒が落ち出した。幌を下ろしたエスの中で次のルートを考えていたが、雨足はどんどん強くなっていく。

2013 10 13 04

早朝からずっと走りを楽しんでいるので、ここらで雨宿りがてら休憩も一興、ということで温泉休憩。東北の秘湯群は、朝から入浴を受け付けてくれるのがいいところ。

当然蒸ノ湯?と思いきや、向かったのはアスピーテラインはさんで反対側にある大深温泉。
湯治専用かと思うほど風情たっぷりな湯小屋は、自分の趣向にピッタリ。
ほぼ10年ぶりに訪れ入浴したが、その風情と湯の花たっぷりの泉質に変わりはなかった。

入浴後も雨足は変わらず。オープンドライブはこれで打ち止めの雰囲気。

時間も進んで、道路にはクルマも多くなり出していたので、アスピーテラインはここまでとすることに。
国道341号に出て、鹿角方面へと向かった。

 Posted by at 9:15 AM
10月 122013
 

2013 10 12 01

夜半にパラパラとフライシートを打ち付ける雨音がして一瞬目を覚ましたけれど、雨と言ったらそれくらいで、撤収に支障が出るほどの影響はなかった。

コーヒーを飲んで目を覚ましてから、6時にはキャンプ場を出発。早朝の網張高原を疾走する。 滝沢別れからR282に出て北上。目指すは八幡平。東北ツーリングでの登場率が群を抜く、お気に入りの長大なワインディングロードを、久しぶりに堪能するのだ。

県道28号がいわゆる八幡平アスピーテライン。これを岩手側からアプローチ。雨こそ落ちていないが、空は分厚い雲に覆われている。八幡平山頂付近にある県境の峠は、きっと霧の中なのだろう。 そう考えながらコースイン。目の前に走るクルマはおらず、9000rpmを許容する宝玉のF20Cにムチを入れる。

なだらかに弧を描くコーナーは、スピードが上がるにつれ、タイトでシビアなコーナーに急変する。 連続するスノージェット。その中には決まってタイトコーナーが待ち構えていることを肝に銘じて進入。 その瞬間、F20Cの咆哮がトンネルの中に反響する。開け放った頭上から降り注ぐ、超高回転域のサウンドに昂る。

スノージェット区間を過ぎると、高所感溢れる山岳ワインディングが現れる。 ビーナスラインの霧ヶ峰の辺りの区間に似ているが、八幡平アスピーテラインは更にスケールが大きい。岩手山方面の景色は豪快で、コーナーの先は切り落ちており、恐怖感すら感じるほどだ。

1台たりとも通ることのないワインディング。まるっきり専有走行の状態で、タイトなコーナーを駆け抜けていく。 考えてみれば、夏休みでもなく紅葉時期でもない、ちょうどその間の時期で、訪れる人が少ない期間なのかもしれない。加えて、八幡平周辺に数ある一軒宿のチェックアウト前という絶妙な時間帯。やはり、ワインディング走るのは早朝に限る。

アスピーテラインの峠が、岩手県と秋田県の県境。ただ、峠と呼べるほど、頂上がはっきりしているわけではない。八幡平という山(一応山の名前なのです) 自体がなだらかで、この峠の登山口からごくあっさりと登り詰めることができてしまうくらいだから、頂上付近のワインディングががむしろ穏やかな線形を描いていてもおかしくはない。

アスピーテラインをそのまま秋田側へ下りるのではなく、頂上で分岐する通称「樹海ライン」へとノーズを向けた。

2013 10 12 02

県道318号「八幡平樹海ライン」は、見返峠から松川温泉までを結ぶ、アスピーテラインと並んでも劣らないワインディングロード。途中に藤七温泉(超絶泉質でオススメ)があるだけで、名前の通り樹海の中を地形に沿ってシンプルに走りを楽しむがためのコースだ。

そうこうしているうちに、ブレーキの効きが甘くなってきた。踏みしろに対して空走する時間が長くなり、制動距離が延びてくる。 よく考えたら、ツーリング用のパッドにしてあったんだった。

峠から走り出すと当然下りなわけだが、途中わずかにアップダウンがあり、さらに中速主体のコーナーとストレートがバランス良く現れ、変化に富むコースは走って楽しいことこの上ない。 夢中になって人の気配のないコースでエスを駆る。集中すると、さして長くもないストレートも長く感じるもので、コーナー手前のブレーキがシビアになってくる。

2013 10 12 03

朝練用にZONE 03Cを使用していたが、鳴きとダストが結構出るのと街乗りではオーバースペックなので、普段履き&ツーリング用にZONE 88Bを装着している。88Bはダストも鳴きも最小限でいて、効きも強化されている万能パッドだが、さすがにワインディングの連続走行では荷が重い。 ツーリングではワインディングも走るのは自分の場合はアタリマエなので、なかなか選択が悩ましいところなのだ。

プアになってしまったブレーキを労りつつ、松川温泉の分岐まで。
名物の地熱発電所から、湯気がモクモク上がっているのが見えた。

2013 10 12 04

 Posted by at 3:03 PM
10月 032013
 

R107で岩手県境を越え、湯田から県道1号へ。
岩手県を縦に貫く最も西側のルート。湯田から雫石へ、その距離は長い。

2013 10 03 01

以前も一度走ったことのある道だが、その時は雫石から湯田への逆向きルートだった。
今日よりもさらに時間は遅く、ほぼ日が沈んだ頃の薄暗い夏の道に、幻想的な雰囲気を感じたことを覚えている。

ただ山間の集落を繋ぐだけの道なのだが、これがどうしてか、走ってて心地良いのだ。

相当の距離があるにもかかわらず、途中に信号がほとんどない。
何の変哲もない道をただひたすら走り続けていることで、トランス状態になってしまうからだろうか。単純に時間帯がそういう気分にさせるだけなのだろうか。。

後から確認してみると、ほんの1時間も走っていないのだが、それ以上、軽く倍の時間は走っていたような余韻が残る。
知らない間に時間が経っていて、何時間も走り続けていたということは結構あるけれど、その逆は実はあんまり無かったりする。
そんな希有な感覚を味わさせてくれる、貴重な道なのだ。

2013 10 03 02

雫石の街中にあったスーパー、ビッグハウスで夕食(酒)の買い出し。
国道46号を跨いで、県道212号を網張高原へ。

今日の野営地は、その網張高原にあるキャンプ場。この周辺はキャンプ場銀座で、近くには相の沢キャンプ場という無料で有名な野営場もあるが、駐車場とテントサイトの位置関係、隣接する温泉の泉質等を考慮して、有料でも網張高原のキャンプ場を選択した。

我ながらなかなか正しい判断だったようだ。
キレイなサイトに利用者は程々で、エスからほとんど離れずにテントサイトを確保することができた。

2013 10 03 03

ツーリングキャンプでは、安心して使えるサイトという他に、いかに時間を無駄にしないかということも重要で、「クルマが近い」「温泉が近い」という条件が揃ったサイトは非常にありがたい。
真夏に訪れた白馬のキャンプ場も、この条件が揃った良質のキャンプ場だった。

ビジターセンターに隣接した日帰り入浴施設の温泉は、網張温泉独特の白濁した硫黄泉。
その温泉は混んでいたので、汗を流すだけで早々に上がり、サイトに移動。ソロテントを立て、ひんやりとした高原の夜の空気を肴に、ひとり食事&お酒を楽しむ。

天気は大崩れも覚悟しなければならなかったが、なんとかここまで降られずに済んでいる。
このまま翌朝の撤収まで持ってくれることを願いながら、早々に就寝することにした。

 Posted by at 12:41 AM